Newsお知らせ

2018年4月~6月の新刊図書一覧

タイトル 2018年4月~6月の新刊図書一覧
カテゴリー お知らせ
開催日時 2018年4月~6月
開催場所 みえ市民活動ボランティアセンター 図書・資料コーナー
詳細

アスト津3階にある、図書・資料コーナーの新着図書をご紹介します。

 

「三重県で一番NPOや市民活動の本が集まる場所にしたい」の目標を掲げ、みえ市民活動ボランティアセンターのスタッフが選んだ本を定期的に入荷しています。

 

読書・貸出が可能です。お気軽にアスト津へお越しください!

 

【2018年4月~6月の新刊】

 

◆NPO法人会計基準[完全収録版 第3版]

NPO法人会計基準協議会:編

(株)八月書館

 

全国のNPO法人とその支援者、会計専門家、学識経験者、助成財団、金融機関など、のべ3058人の意見を取り入れ策定された「NPO法人会計基準」のすべてを収録。豊富な「記載例」や「Q&A」ですぐに役立つNPO法人必携の一冊です。

―――――――――――――――――――――――――

◆新版 税理士/公認会計士必携 NPO法人実務ハンドブック

認定特定非営利活動法人NPO会計税務専門家ネットワーク:編

(株)清文社

 

会計・税務の基本的な考え方から、よくある事例、判断に迷うケースまで、NPOに携わる実務家に必要不可欠な知識をもれなく解説。Q&Aも豊富に収録されています。NPO法人会計基準改正等の最新情報を盛り込んだ新版ですので、是非読んでいただきたい必読本です。

―――――――――――――――――――――――――

◆働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識

沢渡 あまね,奥山 睦

(株)技術評論社

 

「働き方改革」「ワークライフバランス」最近よく聞く言葉です。では、あなたの働き方、変わってきましたか? そうです。日本の職場の働き方、なかなか変わらない所がまだまだ多いのです。しかし、世の中はどんどん「無慈悲に」変わっていきます。

未来を見据え、企業も個人もハッピーになるにはどうしたらいい?本書と一緒に考えていきましょう。

―――――――――――――――――――――――――

◆仕事の問題地図~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

沢渡 あまね, 白井 匠

(株)技術評論社

 

筆者曰く①仕事は生きものである②私たちも生きものである。仕事がうまくいかないのは、生きもの相手だから!さまざまに変化する要因に対して、さまざまなアプローチを取る必要があるのです。本書では、「仕事が思うように進まない・終わらない」実態を考えていきます。付録の「仕事の問題地図 全体マップ」を広げ、ワイワイがやがやしながら解決策を考えてみてはいかがでしょうか。

―――――――――――――――――――――――――

◆魔法のコンパス 道なき道の歩き方

西野 亮廣 (株)

主婦と生活社

 

漫才師、絵本作家、イベンター、校長、ついには上場企業の顧問にも就任してしまったキングコングの西野氏。異端児と呼ばれている彼の型破りな実例が満載です!

―――――――――――――――――――――――――

◆多動力

堀江 貴文

(株)幻冬舎

 

今の時代、業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」にこそ、チャンスがある!これまではネガティブにとらえられていた「多動力」こそが、未来の日本人に必須のスキルとなる!と筆者は語ります。新しい考え方に驚きながらも、今だからこそ読んでおきたい一冊です。

―――――――――――――――――――――――――

◆革命のファンファーレ

現代のお金と広告 西野 亮廣

(株)幻冬舎

 

2016年10月に刊行した絵本「えんとつ町のプペル」の全てをプロデュースした西野氏。クラウドファンディングでの資金集め、広告、販売におけるまでことごとく出版業界の常識を覆し、売上は国内で32万部を突破させた筆者の戦略が惜しげもなく共有されています。

 

―――――――――――――――――――――――――

◆フードバンクという挑戦――貧困と飽食のあいだで

大原 悦子 (株)

岩波書店

 

フードバンクは、まだ十分食べられるのに捨てられていた食品を、困っている人達に届けます。格差が広がる日本では、今後ますます必要とされる活動になるかもしれないと、筆者は言います。

この本で筆者は、フードバンクという新しい動きの「いま」を追います。食や貧困をめぐる状況、NPOの可能性、日本という国のありよう、そして社会を変えていくために、企業や私たち一人ひとりにできること…。フードバンクを窓口に、読者のみなさんといっしょに考えていく本です。

―――――――――――――――――――――――――

◆平和をつくるを仕事にする

鬼丸 昌也

(株)筑摩書房

 

筆者が取り組んでいる地雷や子ども兵といった紛争によって起こる悲しい現実、そしてそれらの課題を生み出している背景にも触れています。地球規模の社会課題は、あまりにも大きな課題で、日本の平和な日常に暮らす私たちに何かできることはあるのだろうかと考えてしまいますが、「生きる」というチャレンジを続けてきた勇気に焦点を当ててみると、できることはたくさん見えてくる!筆者からのメッセージです。

―――――――――――――――――――――――――

◆一気にわかる!池上彰の世界情勢2018 国際紛争、一触即発編

池上 彰

毎日新聞出版(株)

 

トランプ大統領で激変する世界、蔓延する自国ファースト、北朝鮮情勢、中東戦争の危機、……世界でおこっているさまざまな出来事を分かりやすく解説してくれています。今さら聞けない世界情勢…と思ってる方に是非読んでいただきたい一冊です。

―――――――――――――――――――――――――

◆寄付白書2017

寄付白書発行研究会、日本ファンドレイジング協会:編

認定特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会

 

大幅リニューアルを施した前号を踏襲し、ビジュアルを重視した見やすい内容で仕上がっています。目玉は、「寄付を科学する」と「日米英韓4か国比較」の2特集です。行動経済学やNPO研究などの最先端の研究成果と調査データを用いた寄付行動の科学的検証と、既存統計データを用いた寄付市場規模や寄付関連制度などを4か国間で比較した世界と日本の現状が把握できる一冊です。

―――――――――――――――――――――――――

◆イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

安宅和人

英治出版(株)

 

「圧倒的に生産性の高い人」にひとつ共通していること。それは、彼らが「ひとつのことをやるスピードが10倍、20倍と速いわけではない」ということだ、と筆者は言います。科学者とコンサルタント、そしてビジネスの現場という不思議な経験のミックスのなかで学んできた筆者が皆さんに贈る、本当に重要なエッセンスとは。

―――――――――――――――――――――――――

◆20代に伝えたい50のこと

秋元 祥治

(株)ダイヤモンド社

 

38歳になった筆者が、20代の自分自身に伝えたいことをまとめた本です。気合いをいれろ!がんばれ!の精神論ではなく、ちょっとした言葉や考え方がストンと腹落ちして、気持ちが軽くなったり、考え方が広がったりすることってありますよね。この本にはそのようなヒントが50もあります。行動、習慣を少し変えるだけで、毎日が変わり、具体的に今日から始められます。仕事にも人生にも悩む20代に贈るメッセージです。

―――――――――――――――――――――――――

◆鬼速PDCA

冨田和成

(株)クロスメディア・パブリッシング、(株)インプレス

 

PDCA(PLAN→DO→CHECK→ ADJUST)をしっかり回せるようになるだけで、周囲からの評価が大違いと筆者は教えてくれます。鬼速PDCAで、手つかずの重要案件・止まりがちなチームが、すべて10倍速で動き出すそうです。今年度きっての本格派ビジネス書との評判ですので、ぜひご一読ください。