*子どもの心を受け止めるネットワークみえ

子どもの心を受け止めるネットワークみえは、
NPOからの協働事業提案として生まれました。
子どもの心を受け止める社会づくりを目指すネットワークです。
まず、第1のプロジェクトとして、18歳以下の子どもを対象に、
24時間フリーダイヤル相談電話(子ども専用電話)を設置し、
様々な悩みを受け止める「チャイルドライン24」という事業を行います。
あなたの団体もネットワークに参画しませんか。

「子どもたちが毎日かけられるライン目指して」
全国の“チャイルドライン”が協力して、
5月の「子どもの日」全国キャンペーン後から
「毎日かけられるライン」の試行が始まります。

1年余り更新がとまっておりましたことをお詫び申し上げます

企業の社会貢献(CSR)

企業協賛(CSR)

事務局

特定非営利活動法人
MIEチャイルドラインセンター
住所:三重県津市大里窪田町2709-1
電話059-232-8172(FAX兼用)

オレンジの羽根など

12月末までの支援会員数
●支援会員(団体)44団体
●支援会員(個人)480人
-------------------------
ご寄付をたくさんいただきました。
本当にありがとうございました。
-------------------------
◆情報 H20.4.14◆
イエローレシート
[11日はイエローレシートの日]
毎月11日は、「企業から地域のボランティア団体にお買い物合計の1%が寄付される」社会貢献活動の日です。
イエローレシートは、「チャイルドライン24」の投函ボックスがある店舗ではそのままボックスへお入れください。
ボックスのないところは、事務所までお届け下さい。
レシートが必要な場合等は、後ほど不要になってからお届け下さい。
イエローレシートを「チャイルドライン24」実施組織へ!!


「子どもたちが毎日かけられるライン」の試行

2008年11月10日〜22日のチャイルドライン秋のキャンペーン以来、全国からたくさんの数の電話を受けています。(実施1日5時間 平均112件)
どの曜日もひっきりなしの着信に対し、受け手の方々は真摯に向き合っていただいています。中には、毎日のようにかけてくる子どももいます。学校でのことTVのことなど話してくれます。
※1月5日〜31日の着信数
  120時間実施 3079件
  いじめについての電話は53件・虐待についての電話は4件



「子どもたちが毎日かけられるライン目指して」

「チャイルドライン24」は子どもたちが24時間かけられるラインを目指して努力して参りました。今でも決して24時間をあきらめた訳ではありませんが、今回全国のチャイルドラインと協力して行われる「毎日かけられるライン」の試行に参加することにしました。
この結果、月曜日から土曜日の16時から21時までは毎日かけられるようになります。
「また何かあったらかけておいでよ」の受け手(電話を受けるボランティア)の言葉に「でも金曜日までかけられないでしょう・・。」と電話の向こうの子どもが応えることも多く、「毎日かけられたらいいのにね。」という受け手の声も多かったのです。 また、この試行には “docomo” “KDDI” “SoftBank” の3社から通話料の資金提供があったことも大きな後押しになりました。 この試行がうまくいくことは、全国の子どもたちが “いつでも” “無料で” かけられるライン実現への第1歩となります。



受け手養成のための講習会のお知らせ

指示しない、指導しない、かけ手の心に寄り添い耳を傾け、かけ手の主体性を大切にした電話です。あなたも講習会に参加し、ボランティアとして受け手をしてみませんか?
チャイルドラインに興味のある方は、ぜひご参加ください。

【伊賀名張地域の講習会(後期)日程】
伊賀名張地域の講習会(後期)の日程が決まりました。
前期受講された皆様はもちろん、未修単位の受講にもなりますのでぜひご利用ください。(場所は前期と同じく青山公民館です)


●2009年3月8日(日)
10:00〜12:00 不登校の現場では 〜育つ力〜
13:00〜15:00 私の存在 〜依存症から考える〜
●2009年3月14日(土)
10:00〜12:00 とぎれのない支援
13:00〜15:00 命の現場から伝えたいこと
15:30〜17:30 子ども虐待

後期参加費:大人・ユース共に2,000円
なお、前期受講者で田部さん「チャイルドラインとは」、山口さん「ロールプレイ」を欠席された方の補習は3月21日(土)に行います。
時間  13:00〜16:30
会場  夢街道あお1F大ホール
参加費 500円
すべての単位を履修されました方で受け手をご希望の方に4月2日・4日の2日間で面接を行います。



「第16回子どもの権利条約フォーラム2008inみえ」

2日間で述べ6000人余りの方の参加がありました。
(2008年11月23日・24日)
只今報告書を作成中です。



第18回三重県教育文化賞 受賞!

「チャイルドライン24におけるユースの社会参画、成長」が認められ第18回三重県教育文化賞(子ども文化領域)を頂きました。
しかも副賞30万円!嬉しいですね。



「三重銀行様より100万円のご支援をいただきました」

三重銀行様より「チャイルドライン24」に対し100万円のご支援をいただきました。
昨年に引き続き行員のみなさまによる募金と三重銀行様の上乗せによる100万円です。
5月12日、贈呈式がありました。
また5月21日には三重銀行様からのご支援及び、「チャイルドライン24」平成19年度活動報告、全国統一番号フリーダイヤル試行についての記者会見が行われました。



「平成19年度年次報告書できあがりました」

今回はドコモの助成金をいただいて1000部作成することができました。
ありがとうございました。



チャイルドライン24とは

 3月22日に、子どもを対象とした相談電話「チャイルドライン24」の4月中の設立を目指し、NPOや三重県などによる準備会が発足しました。
 この相談電話は、平成15年度にNPOと三重県との協働事業として、特定非営利活動法人MIEチャイルドラインセンターから提案された事業で、これまで9回の公開ワーキングを行い、事業内容等について、NPO、三重県、県民などで協議してきました。
 これを受け、三重県県生活部青少年育成室は、平成17年度当初予算で「子どもの心を受け止める相談電話事業」として5,100千円を計上し、NPOなどと協働して事業を行っていきます。これは、三重県が新たに取り組む「新しい時代の公」の実践提案事業の一つです。

平成17年4月20日に総会を開いて正式に発足しました。
Copyright 子どもの心を受けとめるネットワークみえ All righits reserved