三重県NPO法人活動実態調査報告4

2調査結果

(3)組織運営体制

今月号は「組織運営体制」の中から、NPO法人で働いている職員に関する項目を抜粋しご紹介いたします。

NPO法人で働く職員数について

 2012年3月現在、三重県内のNPO法人全体では3,373人が職員として働いています。このうち、73.9%にあたる2,494人が有給職員として働いており、残りの26.1%にあたる879人が無給職員として働いています。
 社会保険に加入している職員は、全体の28.0%(945人)であり、有給職員2,494人の中で37.9%にとどまっています。
 県民センター別で見た場合、職員数が最も多い地域は伊勢、続いて津です。有給職員の割合が多い地域は熊野、尾鷲で、無給職員の割合が多い地域は松阪となっております。



NPO法人で働いている職員全体の年収について

 2012年3月現在、三重県内のNPO法人で雇用されている人の年収総額は42億9188万円です。NPO法人で有給職員として働いている人の平均年収は「約172万円」で、月額換算すると約14.3万円という状況です。
三重県内のNPO法人の「有給職員」と「無給職員」を合わせた平均年収は「約127万円」であり、月額換算すると約10.6万円です。
 今回の調査から、NPOで働く職員は、NPO法人からの賃金だけでは満足な収入を得られていないという現状が浮き彫りになりました。NPO法人が持続的な活動を行うためには、賃金面も含め、雇用されている職員が長く働くことができる環境整備が重要だと言えるでしょう。


次号は、「資金」から抜粋したものを掲載する予定です。

助成金情報

芸術環境まちづくり子ども国際

芸術

東日本大震災
芸術・文化による復興支援ファンド(GBFund)

受付期間

10月26日(金) 当日消印有効

対象団体

(1)アーティストや芸術団体などの文化関係者に限らず、芸術愛好家や地域の伝統芸能の担い手など幅広い芸術・文化活動を行う市民・団体
(2)当協議会の事務局による情報収集・調査もあわせて行い、第三者から推薦された個人・団体等

対象活動

(1)被災者・被災地を応援する目的で行われる芸術・文化活動(表現方法・形態は不問)
(2)被災地の有形無形の文化資源を再生していく活動
(3)その他、当ファンドの目的に合致すると判断される活動
※被災地での実施の有無不問
※もっぱら復旧・救援を目的とした活動は対象外

助成金の額

ひとつの活動につき、原則として50万円を上限。
(他の助成金等との併願も可能)

応募方法

HPより申請書をダウンロードし必要事項を記入の上、メール添付または郵便にて送付。
※詳細はHP参照

問合わせ先

公益社団法人企業メセナ協議会 「芸術・文化による震災復興支援ファンド」係
〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル8階
Tel 03-5439-4520
Fax 03-5439-4521
E-mail gbfund@mecenat.or.jp
ホームページ http://arts-fukkou.blogspot.jp/

環境

「花王・みんなの森づくり」活動助成

受付期間

10月31日(水) 当日消印有効

対象団体

(1)身近な緑を守り、育てる活動(以下、「森づくり活動」)に取り組んでいる団体
(2)身近な緑を活用し、子どもたちに緑との触れ合いの機会を創出する活動(以下、「環境教育活動」)に取り組んでいる団体

対象活動

(1)「森づくり活動」…植樹や樹木の監理、里山や雑木林などでの保全と復元活動など
(2)「環境教育活動」…植樹や植花体験活動、里山や雑木林などでの間伐や下草刈りなどの保全体験活動など、子どもたちが環境を大切に考える心を育む活動

助成金の額

1年目50万円、2年目50万円、3年目25万円を上限とし、15〜20団体を予定

応募方法

HPより申請書をダウンロードし必要事項を記入の上、指定の資料を添付して郵送。
※詳細はHP参照

問合わせ先

財団法人 都市緑化機構「花王・みんなの森づくり活動助成」事務局
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-15-2
新神田ビル8階
Tel03-5256-7161
Fax 03-5256-7164
E-mail midori.info@urbangreen.or.jp
ホームページ http://www.kao.com/jp/corp_csr/social_activities_00_00.html

環境まちづくり

「第23回コメリ緑資金の会」助成

受付期間

10月31日(水) 必着

対象団体

営利を目的としない法人・団体に限る

対象活動

コメリの出店地域における花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを目的とした公共性のある植栽・植樹などの緑化活動

助成金の額

個々の団体の活動規模、活動予算に応じた額を申請

応募方法

HPより申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、平成23年度収支決算書、平成24年度予算書および指定の補足資料を添付して郵送
※詳細はHP参照

問合わせ先

株式会社コメリ 「コメリ緑資金の会」事務局
〒950-1492 新潟市南区清水4501-1
Tel 025-371-4112(早川・星野)
Fax 025-371-4151
E-mail midori@komeri.bit.or.jp
ホームページ http://www.komeri.bit.or.jp/environment/greencapital/apply/index.html

まちづくり

2013年度「県域安全事業」助成

受付期間

10月31日(水) 必着

対象団体

公益社団・財団法人、一般社団・財団法人、NPO法人、および法人格は有しないが、助成対象事業を実施するための体制を有すると当財団が認める団体
(1)下記「対象活動」のいずれかに該当する事業を過去3年以内に実施した実績を有すること
(2)定款、寄附行為または規約等を有し、団体としての意思を決定し執行する能力を有すること
(3)団体を代表する者についての定めがあること
(4)団体としての適正な経理機能を有していること

対象活動

(1)地域社会との連携による安全・安心なまちづくり
(2)子どもの安全対策
(3)女性を守る対策
(4)高齢者を守る対策
(5)少年の非行防止と健全育成
(6)組織犯罪対策
(7)薬物銃器対策
(8)犯罪被害者支援
(9)その他犯罪情勢に対応した対策
※詳細はHP参照

助成金の額

1件当たり100万円

応募方法

HPより助成金交付申請書をダウンロードし必要事項を記入の上、団体概要など指定の書類を添付して宅配便、簡易書留など配達記録が残る方法で提出

問合わせ先

財団法人社会安全研究財団事務局(安全事業助成募集係)
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-7-8 大手町佐野ビル6階
Fax 03-3219-2338
E-mail anzen13@syaanken.or.jp
ホームページ http://www.syaanken.or.jp/?page_id=3584
※「広域安全事業」助成も同時募集中。詳細はHP参照

子ども国際

平成25年度子ども国際交流活動助成

受付期間

10月31日(水) 必着

対象団体

下記の要件をすべて満たす非営利の民間団体(法人格の有無不問)
(1)団体の所在地が日本国内であること
(2)1年以上の活動実績があり、継続して国際交流・国際協力活動を行う意思があること
(3)目的、組織、代表者などの団体運営に必要な事項を定めた会則等があること

対象活動

我が国の教育文化向上に資する事業の一環として、自ら企画・運営して実施し、地域に暮らす海外出身の子どもたちと日本の子どもたちの国際交流を促進することを目的とする非営利の事業・活動
(1)申請団体が主催し、企画、運営、実施を行う事業であること
(2)実施場所が日本国内であること
(3)事業総額が10万円以上であること。ただし、事業総額の10%以上は自己資金(団体負担金、参加費など)が入っていること※詳細はHP参照

助成金の額

10〜50万円(1万円単位)。選考結果に応じて申請額の50〜100%

応募方法

HPより申請書をダウンロードし必要事項を記入の上、団体の会則、役員名簿など指定の書類を添付して郵送(併せて、申請書はメールにて送信)

問合わせ先

公益財団法人 日本教育公務員弘済会 子ども国際交流活動助成金係
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-4-6
E-mail kodomo@nikkyoko.or.jp
ホームページ http://www.nikkyoko.or.jp/business/education.html#kyouikubunka-jigyo