ひろげる・つなぐ・かえる

縦型組織と市民ネットワークのギャップ

特定非営利活動法人 みえ防災市民会議 議長 山本康史

 先日、防災ボランティアがテーマの会議で内閣府の担当者と議論する機会を得た。
 議論のテーマは東南海・南海地震のような超広域災害で全国的な支援のネットワークをどのように構築するかだったが、そこで内閣府の方は「ボランティアの力が被災地で活かされるよう国もバックアップをしていきたいが、誰を窓口に交渉すればいいか明確でない。NPOのみなさんの中で国の窓口をもってほしい」と切り出した。
 確かに国という立場では、災害時に星の数ほど生まれるであろうNPO団体一つひとつと個別 に対応している訳にはいかないから、代表的な人もしくは団体が出てきてほしいという考えは理解できる。しかし、私はその意見に違和感を感じる。 彼は無意識のうちに、行政の縦型の価値観を市民社会に押しつけようとしていないだろうか。
 行政では、国の判断が県、市町と広がって実施されていく縦型、一般的にはピラミッド型といわれ、意思決定する国の担当者は少数で、それが多くの市町に伝達されて各所でかなり均質的なサービスが実施される。
 一方、市民社会ではまず被災者個人のニーズから活動が生まれ、それを支えるボランティアは空間が広がるごとに多様化していく。つまり、被災者個人から被災地、県、国と範囲を広げるにつれて多彩 な担い手が増え、不均質だが被災者に寄り添った独自の活動が各所でそれぞれの主体性において行われる。それらはたった一本の綱(リーダー)でまとめられるものではなく、それぞれが伸ばした手がつながり合った、脳細胞のシナプスネットワークのような形になり、縦型組織とは異なる形になると私は思っている。
 もちろん、超広域災害で市民と国が手を取り合って活動する場面は必ずある。だからこそ、それぞれの組織が互いの特性を理解しあい、自分たちの常識を押しつけ合わない、ふさわしい連携方法を探していく必要があるだろう。

自分がそだち 人がそだち 組織がそだつ

−ブログ、告知、企画書が劇的に化ける!-

伝わる文章が スラスラ〜と書ける・勉強会

最低限のルール・コツ・配慮を知るだけで、ブログや、告知、企画書など、文章が驚くほど変わります。
この勉強会は、練習問題を活用し、「遊びながら解いていく」ため、スキルアップに役立ちます。
さぁ、文章が苦手な皆さん、お集まりください!

日 時

【その1】6月22日(火)19:00〜
【その2】6月29日(火)19:00〜
※終わり次第終了(およそ1時間30分) ※2回目からでも参加可能。 ※3回目以降の日程は後日決定。

場 所

「ぴのまちcafe」(松阪市日野町788 カリヨンプラザ1F)

参加費

1回:1,500 円

募集人数

10名

応募締切

6月7日(月)午前中 ※定員になり次第、受付を終了。

問い合わせ先

パソコンか携帯のメールでお申込みください。「伝わる文章勉強会・参加希望」の件名で、「氏名・年齢・職業・住所・TEL・希望日」の6点を下記までご連絡ください。
(特活)Mブリッジ(担当:米山)
E-mail yoneyama@ma.mctv.ne.jp
ホームページ http://blog.goo.ne.jp/chi-navi/

助成金情報

市民活動環境

市民活動

市民活動推進事業

受付期間

6月4日(金)必着

(1)市民活動推進部門

自治会や市民活動団体が取り組む、公益的な活動に係る経費を支援します。

対象団体

津市内で自主的な活動をしている自治会や市民活動団体(個人による活動は除きます。)

対象活動

自治会や、市民活動団体の方が主体的に取り組む、公益的な活動

助成金の額

活動に要する経費の2分の1の額で、30万円を限度(原則として、飲食費、人件費などを除きます。)

(2)市民活動団体設立等支援部門

NPO法人の設立、公益的な活動を行う市民活動団体の設立に係る経費、また、設立後、1年を経過していない市民活動団体の運営にかかる経費を支援します。

対象団体

津市内に活動の拠点を置く次のもの。
(1)本年度内にNPO 法人の設立登記が完了する予定の市民活動団体
(2)2人以上の構成員で市民活動団体を設立しようとするもの、または、2人以上の構成員を有し、設立後1年を経過していない市民活動団体

助成金の額

(1)NPO法人設立に要する経費の2分の1の額で、10万円を限度
(2)団体の設立などに要する経費の2分の1 の額で、10万円を限度(原則として飲食費、人件費などを除きます。)

応募方法

事業提案書に必要事項を記入し、津市政策財務部政策課、または、津市市民部市民交流課へ持参、郵送、Fax、E-mail のいずれかでご提出ください。また、各総合支所地域振興課(久居総合支所は生活課)へもご提出いただけます。事業提案書は、津市ホームページからダウンロードできます。

問い合わせ先

〒514-8611 津市西丸之内23 番1号
津市政策財務部政策課(4階)
Tel 059-229-3296 Fax 059-229-3330
E-mail 229-3101@city.tsu.lg.jp
津市市民部市民交流課(1階)
Tel 059-229-3252 Fax 059-227-8070
E-mail 229-3110@city.tsu.lg.jp

市民活動

「新しい世紀の社会づくり」をテーマとした市民活動助成

受付期間

7月30 日(金)必着

対象活動

市民活動、または催し物等の事業(既に終了した活動・事業については含みません。)

助成金の額

原則として1件当り100 万円を上限としますが、助成額については活動内容、及び規模により査定をさせていただきます。

応募方法

当財団所定の申請書に必要事項を記入の上、当財団宛にご送付ください。
(紛失等のトラブルを避けるため、なるべく書留や宅配便でお送りください。)
※より多くの団体に助成金をご利用いただくため、過去に当財団の助成を受けられた団体の応募はご遠慮いただいております。
※助成が決定した活動・団体につきましては公表いたします。
※助成年度もしくは事業完了後に「完了報告書」を提出していただきます。

問い合わせ先

財団法人 ユニベール財団
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPC ビル 5階
Tel 03-3350-9002 Fax 03-3350-9008
E-mail info@univers.or.jp
ホームページ http://www.univers.or.jp/top.html

環境

TOTO 水環境基金

このプログラムは、水と暮らしの関係を見直し、再生することをめざした創造的な取り組みに助成します。これからの水と暮らしの望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴を活かした、新しい仕組みや事業を創りだす契機となることを期待します。

受付期間

5月1日(土)〜6月15日(火)必着

対象団体

1. 営利を目的としない市民活動団体
2. 地域(日本国内)に根ざした活動をしている団体、または日本国内に本部を有する団体で、海外に支部(現地拠点)あるいは現地カウンターパート(現地NGOなど)を有し、現地スタッフが活動している団体
3. 目的や内容が、特定の宗教や政治などに偏っていない団体

対象活動

・地域の水と暮らしの新しい文化の実現に向けた実践活動
・地域の水と暮らしの関係についての調査研究活動

助成金の額

助成総額は約1,000 万円、助成件数は10件程度を予定しています。
※詳細はホームページ参照

助成期間

2010 年10月1日〜2011年9 月30日までの1年間。

応募方法

応募書類(所定の書式)に必要事項をご記入の上、郵送または宅配便にてお送りください。書類はホームページからダウンロードできます。
※ 応募用紙の郵送をご希望される場合は、Faxにてお申込みください。
<Fax 記載項目>郵便番号・住所、団体名、ご担当者名、電話番号

問い合わせ先

TOTO株式会社 総務部 社会共生グループ
担当:清水・曾根
〒802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1
Tel 093-951-2224 Fax 093-951-2718
ホームページ http://www.toto.co.jp/company/mizukikin/oubo.htm

環境

第30回「緑の都市賞」

緑の拠点づくり部門

対象団体

緑化活動団体・企業・公共団体等

対象活動

公園内や道路・河川沿いの単体の花壇や植栽帯、工場、学校、マンションや業務ビル、図書館、下水道処理場などでの緑化や緑の保全成果 。

緑の地域づくり部門

対象団体

緑化活動団体・企業・公共団体等

対象活動

道路・商店街・河川沿いの連続する花壇や植栽帯、広がりのある(一団の)樹林地、住宅団地、再開発地区、複数棟で構成されるマンションや業務ビルなどでの緑化や緑の保全成果 。

緑の都市づくり部門

対象団体

市区町村

対象活動

策定した緑の総合計画に基づいた市民との協働や、地域の個性を活かした緑化や緑の保全施策の取組みなどでの成果 (一部も可)。

助成金の額

内閣総理大臣賞:活動助成金20万円(全部門で1点)
国土交通大臣賞:活動助成金15万円(3点以内)
都市緑化基金会長賞:活動助成金10万円(3点以内)
奨励賞:活動助成金5万円(若干)

応募締切

6月30日(水)

応募方法

所定の応募用紙(ホームページからダウンロード)に必要事項をご記入の上、成果 が確認できる写真(10 枚以内)他、必要書類を添えて、下記宛にご送付ください。

問い合わせ先

〒112-0014
東京都文京区関口1-23-6
プラザ江戸川橋3F 310 号室
財団法人 都市緑化基金内 「緑の都市賞」係
Tel 03-3235-8065 Fax 03-3235-8067
E-mail midori-info@urban-green.or.jp
ホームページ http://www.urban-green.or.jp/