市民活動・ボランティアニュース2010年1月号

◆発行◆
みえ県民交流センター指定管理者(みえNPOセンター、ワーカーズコープ)
514-0009 津市羽所町700番地アスト津3階
Tel.059-222-5995 Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net
ホームページ◆http://www.mienpo.net/center/
三重県のホームページ◆http://www.pref.mie.jp
市民活動・ボランティアニュースはこちらにあります!
【三重県NPOグループからお知らせ】
今月は2団体の申請がありました
【みえ市民活動ボランティアセンターからお知らせ】
「平成21年度 第3回市民活動(支援)センター情報交換会」「傾聴セミナー」「NPO無料よろず相談」「中間支援組織担当者ネットワーク交流会のお知らせ」を開催。
【自分がそだち 人がそだち 組織がそだつ】
県内各地の市民活動(支援)センターをはじめ、中間支援組織の人材育成を進めるための情報を積極的に発信するコーナーです。
【CSRストリート】
第2回はJA三重信連を訪れました。
【イベントスケジュール】
平成22年1月〜2月に三重県内各地で開催される市民活動のイベントを事前にお知らせします。
【よびかけ・報告】
自助グループSalon de “TRUE BEAUTY”のよびかけと、コミュニティビジネス関連の記事を2件掲載しています。
【ひろげる・つなぐ・かえる】
みなさんに一緒に考えていただきたい課題をNPOの視点で取り上げます。
【助成金情報】
市民活動を資金面からサポートする助成金情報です。今月号は4団体の情報を掲載しています。
【理念と歩みから学ぶ NPO物語】
特定非営利活動法人 フリースクール三重シューレ
組織にスポットライトを当て、三重県内の市民活動団体を紹介していくインタビューコーナーです。
2003年、三重県初のフリースクールとして誕生した三重シューレ。月曜から金曜まで開いているフリースクールには、小学生以上の子どもたちが通い、さまざまな講座を受けたり、仲間と交流したり、それぞれ自分にあった生活を送っています。ここは、子どもたちにとって「安心できる居場所」。そこに「信頼しあえる仲間」「自己決定できる環境」があれば、子どもたちは成長していくと、不登校の子どもたちを見つめ続けてきた石山佳秀さんは語ります。

年のはじめに
また新しい年が巡ってきた。
顧みてわが身を振り返れば、県民交流センターの指定管理者になったのだから大きな飛躍の年であった。今年も、昨年にまして努力したい。
世の中は、政権交代の波も草食男子出現の世相もまだまだ続く。この国はどこへ行こうとしているのか見えない不安もある。しかし、足もとの生活を作るのは私たちNPOの日々の活動の積み重ねからだ。
遠くを見て意見を言うことも時には必要だが、そればかりではない、今年こそ、身近な課題解決に取り組んでいく地道なことにも取り組んでいきたい。
はじめに戻る

三重県NPOグループからお知らせ
特定非営利活動法人認証申請団体と成立団体のお知らせ
●認証申請団体
(1)名称
(2)代表者氏名
(3)法人事務所の所在地
(1)人材育成センター (2)平塚秀敏 (3)四日市市西新地10番4号
(1)外国人研修生支援・ボランティアネットワーク (2)青木文男 (3)津市河芸町上野1168番地101

(平成21年11月10日〜平成21年12月9日申請分)

はじめに戻る
●成立した特定非営利活動法人(登記年月日)
三重就労支援事業者機構(平成21年11月5日)
全国高齢者ケア研究会(平成21年11月10日)
w-In(平成21年11月13日)
なばりNPOセンター(平成21年11月18日)
ふれあい工房(平成21年11月25日)
ガーデンテラス泊山崎HOA(平成21年11月26日)

(平成21年11月10日〜平成21年12月9日届出分)

※関係書類は、三重県生活・文化部男女共同参画・NPO室に備え置いてあります。
はじめに戻る

みえ市民活動ボランティアセンターからお知らせ
問い合わせ先 みえNPOセンター・ワーカーズコープ
Tel.059-222-5995 Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net

平成21年度 第3回市民活動(支援)センター情報交換会
●とき/1月28日(木)13:30〜16:30
●ところ/アスト津3階(津駅東口隣接ビル)みえ県民交流センター 交流スペース
●参加費/無料(要申込)
●内容/IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表の川北秀人さんから豊富なご経験を基に課題解決に向けてのお話をしていただきます。対象は市民活動(支援)センター職員、行政職員などNPO支援、市民活動支援に関わってみえる方。
はじめに戻る

傾聴セミナー〜コミュニケーションの基本を上手にとり入れて〜
●とき/1月25日(月)10:00〜12:00
●ところ/アスト津3階 みえ県民交流センター 交流スペース
●参加費/500円 
●内容/組織の運営や人間関係などさまざまな場面で役立つような、「傾聴」の技法をとり入れた豊かなコミュニケーション方法をお話ししていただきます。講師は(特活)みえ親子・人間関係研究会理事長の河合卓子さんです。
●募集人数/30人
はじめに戻る

NPO無料よろず相談
毎回二団体先着順のため、相談日の一週間前までにお申し込みください。
●とき/毎月第一火曜日(祝祭日の場合は翌日) 
(1)10:00〜11:00 (2)11:00〜12:00
【今後の予定:2010年1月5日、2月2日、3月2日、4月6日】
●ところ/アスト津3階 みえ県民交流センター
●相談員/みえ県民交流センター指定管理者 みえNPOセンター・ワーカーズコープ グループ代表 みえNPOセンター代表理事、同事務局長
●対象/NPO法人設立を考えている団体や個人、NPO・中間支援センタースタッフ、NPO・市民活動に関心がある市民など。
はじめに戻る

中間支援組織担当者ネットワーク交流会 〜顔の見えるつながりを作りませんか?〜
中間支援、NPO支援に関わる人が集まり、共通の悩みや疑問を出し合って、意見交換する場です。隔月で協働をテーマに勉強会も開催。いずれも無料、会場はみえ県民交流センター交流スペースです。
【交流会】●とき/1月12日(火)13:30〜16:30
【協働勉強会】●とき/2月17日(水)13:30〜16:30
はじめに戻る

自分がそだち 人がそだち 組織がそだつ
県内各地の市民活動(支援)センターをはじめ、中間支援組織の人材育成を進めるための情報を積極的に発信するコーナーです。

ブログや会議が劇的に変わる 認定コーチ&タウン誌社長から学ぶ『情報の発見と発信』
●とき/【初日】1月19日【2日目】1月26日【最終日】2月2日(全3回全て火曜)19:00〜21:00
●ところ/松阪市市民活動センター(松阪市日野町788 カリヨンプラザ3階)
●参加費/3回で1500円 
●内容/面白いこと、大事なことを「見つける力(発見力)」と、それを「まとめる力・伝える力(発信力)」が、身に付きます。
【初日・2日目】 「これで伝わる!〜話し方〜1・2」  
会議で発言した時や、ブログを読んでもらって、「今ひとつ伝わってこないんだよね」、「話の筋が見えにくい」、「まとまりがない」と言われたことはありませんか?面白いことを見つけて(発見)、面白く伝える(発信)には、コツがあります。まとめた内容の「良い例」と「悪い例」を比較しながらわかりやすくお伝えします。講師は(株)リントス代表、里中綾子さん。
【最終日】 「これで伝わる!〜書き方〜」
特別講師に、月刊Simple編集長・(株)ZERO代表の松山泰久さんを招き、伝わる書き方のコツを身につけていただきます。「伝わる」ことで、企画書にも、ブログにも、「アナタらしさ」が表現されて、評判になりますよ!
●申込方法/「発見と発信・講座参加希望」と住所、名前、Tel、Fax、E-mailを記入し、FaxかE-mailで申込み。
●申込・問い合わせ先/(特活)Mブリッジ(担当/米山) Tel.0598-23-8400 Fax.0598-25-3803
E-mail info@m-bridge.jp ホームページ http://www.m-bridge.jp/nextdoor/
はじめに戻る

広報セミナー 「プレスリリースのはじめ方」
●とき/3月6日(土)13:00〜16:00
●ところ/アスト津3階(津駅東口隣接ビル) みえ県民交流センター ミーティングルームA&B
●参加費/500円
●内容/講師にはOur Plant TV 池田佳代さんをお招きし、新聞やマスメディアに取り上げてもらえるリリース文の書き方を中心に講義を受けます。その後、実際に文章を書いてお互いに評価し合いましょう。今まで自分が書いていた文章との違いを実感できること間違いなしです。対象は企業や市民活動団体・NPO法人等の広報担当者です。
●募集人数/20人(先着順)
●申込方法/受講料を添えて3月1日(月)までに窓口で申込み。定員に達し次第締切。
●申込・問い合わせ先/みえ市民活動ボランティアセンター(担当:野口・馬)
514-0009 津市羽所町700 アスト津3階
Tel.059-222-5995 Fax.059-222-5971 E-mail center@mienpo.net 
ホームページ http://www.mienpo.net/center/
はじめに戻る

CSRストリート vol.2

企業の持つ人材や資源を活かせるような、積極的・継続的な関わり方を
〜JA三重信連〜
みえNPOセンタースタッフによる企業訪問が11月からスタート!
第一弾としてJA三重信連を訪問した。
JA三重信連は、取引のある企業・団体相互の親睦、情報交換、社会貢献を目的とした会員組織があり、年に一度チャリティオークションを開催し、その収益金を社会福祉団体に寄付を行ってきた。今年度は寄付先を決めるにあたって、みえNPOセンターから情報収集するなどして、複数の団体の中から障害児支援の「くれっしぇんど」を選定した。
また、三重県と企業が連携して取り組む「みえ次世代育成応援ネットワーク」の会員として、子育てに関する支援も行っており、学童保育や子育て支援団体のためにリユース物品の提供などを行っている。
JA三重信連では、社会貢献活動は社会的使命であると考えており、地域の発展に寄与できるようさまざまな取り組みを行っているが、その中の一つである福祉・文化団体への支援については、具体的な支援方法を地元企業と市民団体の協働事例を参考にしながら、活動趣旨等に賛同するものについては積極的に支援していきたいとのこと。市民団体への寄付を通し、企業の持つ人材や資源を活かせるような、継続的な関わり方を望んでいるという。支援された団体は、その後の活動を報告することで長いおつきあいができるのではないかと感じた。
「みえ市民活動ボランティアセンター」のホームページについては、「知っていれば参加したい事業もあって、もっと発信力を持って広報するとよいのではないか」と感想を頂いた。これは市民活動全体に共通する課題であり、頭や足を使って、あらゆる媒体を活用して社会に向かって発信しないと、ただの自己満足で終わってしまうのではないかと思った。
企業や市民活動団体をつなぐのは「人」、実際にお会いして話を伺い実り多い時間となった。
はじめに戻る

平成22年1月〜2月に開催される市民活動に関する講演会やイベントです

「みえ現代詩」80号記念会
●とき/1月17日(日)13:00〜16:30
●ところ/アスト津4階(津駅東口隣接ビル) 研修室A
●参加費/1000円
●内容/日本詩人クラブ理事、横田英子さんによる講演会“私の詩と、その周辺”ー生きる指針となってー。その後、同人と県内詩人計10人による朗読会を開催。
●問い合わせ先/津坂治男 Tel.&Fax.059-372-2476
●主催/みえ現代詩、鈴鹿市芸術文化協会文学部門
はじめに戻る

あなたの「愛情」が、子どもの「育ち」を引き出すコミュニケーション
パパ・ママコーチング

●とき・ところ/【鈴鹿】 1月23日(土)10:00〜11:30 ジェフリーすずか3階 研修室B
【四日市1】 1月23日(土)14:00〜15:30 ララスクエア四日市4階 休憩スペース
【四日市2】 2月4日(木)13:30〜15:00 ホロン個別学習四日市教室
●参加費/無料 
●内容/一生懸命に子育てをされている保護者の皆さん。ちょっと肩の力を抜いてみませんか?すべての子どもは、育とうとする生きものです。保護者がパパ・ママコーチングをマスターすることで、「親力」がどんどん発揮され、子どもたちは「個」としての自立を目指した「子育ち」を始めます。  
●募集人数/各会場とも先着20人
●申込方法/住所、氏名、子どもの学年、会場名、Tel、E-mailを明記し、FaxまたはE-mailで下記まで。
●申込・問い合わせ先/みえコミュニケーション教育実践会(みえコミ)
Fax.059-358-1850
E-mail jimukyoku@miekomi.jp
ホームページ http://www.miekomi.jp
はじめに戻る

日本語ボランティア養成研修
●とき/1月25日(月)、29日(金)13:30〜16:00
●ところ/いなべ市国際交流協会
●参加費/無料
●内容/【25日】「日本語ボランティアになるために」地域の日本語教室や日本語ボランティアの重要性、役割などを学びます。
【29日】「日本語指導のい・ろ・は」「日本語」と「国語」のちがい、日本語指導の特徴などを学びます。講師は国際交流センター日本語教師養成講座講師の船見和秀さんです。
●応募締切/1月20日(水)
●申込方法/Fax、E-mail、Tel、郵送にて下記まで。
●申込・問い合わせ先/いなべ市国際交流協会 511-0273 いなべ市大安町平塚535
Tel.&Fax.0594-78-4848(Tel.対応は月・水・金)
E-mail kokuryu-inabe2003@coral.broba.cc
(財)三重県国際交流財団 514-0009 津市羽所町700
アスト津3階 Tel.059-223-5006
Fax.059-223-5007 E-mail mief@mief.or.jp
ホームページ http://www.mief.or.jp
はじめに戻る

お正月限定 第16回よし笛コンサート
●とき/1月30日(土)14:00〜14:30
●ところ/名張市赤目四十八滝キャンプ場内・自然素材空間ちょいまる
●参加費/無料  ●募集人数/50人
●内容/よし笛だけで奏でる音楽、癒しのひと時を…。
●申込・問い合わせ先/(特活)「地域と自然」 
Tel.&Fax.0595-63-9666
ホームページ http://www.e-net.or.jp/user/yosshi/
はじめに戻る

遊びの国「凧を作って上げてみよう!」
●とき/1月30日(土)10:30〜12:00
●ところ/みんなの居場所「きらり」(四日市まんなか子ども劇場隣)
●参加費/会員300円、一般500円(材料費別途)
●内容/四日市おもちゃ診療所のドクターに教えてもらいながら、自分だけの凧を作って、外でみんなであげましょう。対象は小学生以上。未就学児は親子で参加を。
●問い合わせ先/四日市まんなか子ども劇場 四日市市西町15-16
Tel.&Fax.059-351-6670
はじめに戻る

NPO事業報告書等の作成実務とSWOT分析による事業計画の見直し
●とき/2月6日(土)10:00〜16:00
●ところ/アスト津3階(津駅東口隣接ビル)
みえ県民交流センター ミーティングルーム
●参加費/通しで2000円(当日支払い)
●内容/(1)NPO報告書作成のポイント(三重県男女共同参画・NPO室 主事 富山達也氏)NPO報告書、こんなところに気を配ろう。
(2)PCでやさしい複式簿記記帳(税理士法人スマッシュ経営 部長 安田敏明氏)伝票記入から始める簡単複式簿記(PCを持参すると効果的です)。
(3)SWOT分析で経営の見直しワークショップ(NPO-MSC理事長 松永準一)SWOT分析で経営を改善する事業計画。
●申込方法/参加者氏名、団体名、電話番号を、FaxかE-mailで下記まで。
●申込・問い合わせ先/NPOマネジメント・サポートセンター中部 Tel.&Fax.052-892-8525
E-mail npo.msc@gmail.com
はじめに戻る

津市男女共同参画フォーラム わあむ津
広げよう 知っていますか 男女共同参画 あなたも 私も 自分らしく!

●とき/2月13日(土)10:00〜16:30
●ところ/津リージョンプラザ(津市役所西隣)
●参加費/入場無料(申込不要)、託児有(要予約・無料)
●内容/男女が共にそれぞれの個性と能力を発揮して、自分らしく生きることが出来る社会を目指して開催します。
【お城ホール】
13:00 電子紙芝居
「大きくなったらどんな仕事をしようかな?」
子どもたちの声(出前授業を受けて)
13:25 トーク&トーク 自分らしく生きる
コーディネーター 石阪督規 三重大学准教授
14:25 講演
「女房が宇宙を飛んだ」〜女性の生き方、男女の新たな共生〜
講師 向井万起男 慶応義塾大学准教授
【2F 各会議室等】
10:00〜11:45 ワークショップ
【3F 生活文化情報センター(展示室)・ギャラリー】
10:00〜16:30  展示
●問い合わせ先/津市男女共同参画フォーラム実行委員会事務局(津市男女共同参画室内) Tel.059-229-3103
●主催/津市男女共同参画フォーラム実行委員会、津市
はじめに戻る

よびかけ・報告
パニック障害、摂食障害、強迫性障害、社会不安障害の当事者の
自助グループ Salon de “TRUE BEAUTY”

日常生活に生きづらさを感じていませんか?悩みを抱えた人たちのグループであなたの悩みや問題を語り合いませんか?
●とき・ところ/1月12日(火)14:00〜16:00
鈴鹿市社会福祉協議会 2階 小会議室
1月22日(金)14:00〜15:30
白子コミュニティーセンター実習室(鈴鹿市江島本町)
●参加費/無料
●問い合わせ先/カウンセリングオフィス TRUE BEAUTY
(厚生労働省認可 上級心理カウンセラー:河西恭子) Tel.090-1750-6245(受付時間平日10:00〜20:00)
はじめに戻る

コミュニティビジネス相談センター 新オープン!
松阪にコミュニティビジネスの相談を受ける窓口を開設しました。
全国でも最も古くからコミュニティビジネスを支援している「(特活)コミュニティビジネスサポートセンター」(東京都千代田区)と連携し、完全バックアップを得ているところが特徴です。
相談は、三重県の「コミュニティビジネスアドバイザー」として登録されている3名のスタッフがご相談内容、ご要望をお聞きして対応します。
●開設場所/松阪市市民活動センター
(松阪市日野町788 カリヨンプラザ3階)
●開設日時/平日の10:00〜17:00
●相談方法/まずはお電話で相談の予約をしてください。
●相談料金/無料
●問い合わせ先/(特活)Mブリッジ(担当/コミュニティビジネス推進部・古川)Tel.0598-23-8400
E-mail info@m-bridge.jp
ホームページ http://www.m-bridge.jp/nextdoor/
※コミュニティビジネスとは、市民が主体となって、地域が抱える課題をビジネスの手法により解決し、またコミュニティの再生を通じて、その活動の利益を地域に還元するという事業の総称です。
コミュニティビジネスに期待されていることとして、「地域の特性を生かした新しい地域社会づくり」、「商店街、まちの活性化」、「地域での雇用創出」、「生き甲斐づくり」などがあります。
〔(特活)コミュニティビジネスサポートセンターのHPより〕
はじめに戻る

コミュニティビジネス相談事業のご案内
〜市民活動の発展・継続のために必要なもの。それってコミュニティビジネスかも?〜

ビジネスと言っても株式会社じゃないと出来ない訳ではありません。実際に多くのNPO法人が、自らのミッション実現のため対価を得ながらサービスの提供を行っています。活動の発展・継続のため安定的な収入確保の必要性を感じているようでしたら、コミュニティビジネスという方法についても検討されてはいかがでしょうか。
三重県ではコミュニティビジネスの創業や発展を促進し、安心で活力ある社会を築くため、コミュニティビジネスに取り組む方の相談に対応できるアドバイザーを登録し、相談を必要とする方に紹介する事業を行っています。
●相談内容/コミュニティビジネスって何?という疑問から、実際の創業及び事業運営に関する課題まで幅広く相談に応じます。
●相談場所・日時/相談の場所と日時は、相談者の希望を踏まえ、アドバイザーと調整の上、決定します。
●相談費用/無料です(但し同一年度内5回まで)。
●申込・問い合わせ先/三重県 農水商工部 商工振興室 産業創出グループ(担当:稲葉) Tel.059-224-2227
Fax.059-224-2480 E-mail shinsan@pref.mie.jp
ホームページ
http://www.pref.mie.jp/SHINSAN/HP/cb/support/index.htm
はじめに戻る

ひろげる・つなぐ・かえる
みなさんに一緒に考えていただきたい課題をNPOの視点で取り上げます。

リスク管理
年のはじめにあたり多くの方が新たな決意をされるように、NPOも過ぎし年をふりかえり、新しい年の方針や今後の戦略などをお考えではないでしょうか。その際に、ご自分の組織のリスク管理について考えてみてはいかがでしょう。
リスク管理といっても、あまりピンと来ないと思われる方もおられることと思います。日頃の活動の中で一般企業であれば行っていることを規模が小さいからそこまで余裕がない、あるいは忙しさにまぎれて、ついつい先延ばしになってしまっているなど、心ならずもなおざりになっていないでしょうか。
組織によって異なると思いますが、規模の大小にかかわりなく、人事管理面、情報管理面、財務管理面など、考えられるリスクは少なくありません。企業や公共機関に限らずNPOでも情報流出や利用者の事故、役職員のトラブル、資金の流用など、あってほしくはないけれど、「ない」とは言い切れないでしょう。
卑近な例ながら「みえ県民交流センター」の指定管理者である「みえNPOセンター・ワーカーズコープ」でも、多くの方が利用される施設であることから、スタッフ研修として接遇研修、人権研修、傾聴研修、救急救命講習、環境研修、消防訓練、災害時避難誘導訓練、護身術などを学ぶ機会を実施しています。
どういう組織であっても当たり前といえば当たり前なのですが、スタッフのための基本的な諸手続きや規約類、就業規則や労働契約など、来場者など外部の方向けの対処だけでなく、内部スタッフ向けの対処もおろそかにはできません。もちろん管理面からいうと、NPO総合保険(賠償責任保険・傷害保険)といった保険をかけることも組織を守る上で欠かせないものでもありましょう。
外部向けにしても内部向けにしても、社会的信用を損なうことを少しでも軽減するために、リスク管理を行うことが必要です。財政基盤の脆弱なNPOにとって運営資金の捻出など経営危機への対処もおろそかにはできませんが、長年にわたって築き上げた信用を失うことは組織にとって最も恐れなければならないことです。スタッフであろうと役員であろうとリスクに備える意識づけは日々、心がけなければならないことであることを組織内で話し合っていただく機会にしていただきたいものです。
はじめに戻る

おねがい
市民活動・ボランティアニュースに情報を提供される際、以下のことにご留意のうえ、積極的なご活用を期待しています。
(1)原稿はニュースにそのまま掲載できる状態にして、毎月10日までにお送りください。
(2)送付はE-mail(ない方はFAX)で。その際、「市民活動・ボランティアニュースへの掲載のお願い」と件名を明記してください。
E-mail center@mienpo.net Fax.059-222-5971
転載を希望される場合は必ず「みえ県民交流センター指定管理者:みえNPOセンター・ワーカーズコープ」に連絡してください。