助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年12月号に掲載した助成金の情報です。 


高木仁三郎市民科学基金●受付締切/12月10日(木)当日消印有効
ハウジングアンドコミュニティ財団 住まいとコミュニティづくり活動助成●受付締切/平成22年1月15日(金)必着
障害者市民防災活動助成●受付締切/常時募集中

高木仁三郎市民科学基金
【国内の個人・グループへの調査研究助成】

●受付締切/12月10日(木)当日消印有効
●助成の対象となる団体/「市民科学」をめざす方であれば、資格等の制限はありません。一般の市民や市民グループも対象。
●助成の対象となる活動/「市民科学」にふさわしい調査研究や、その調査研究と密接に関係するワークショップ・シンポジウムなどの開催費、調査研究の成果発表や政策提言活動等にかかわる諸費用等。
●助成の額/1件あたり上限100万円。
●応募方法/ホームページから応募フォームをダウンロード。出力書類を郵送すると同時に、入力済みの応募フォームをE-mailで送信。書面での申込書(当日消印有効)を正本とし、E-mailのみの発信は認めません。
●問い合わせ先/高木仁三郎市民科学基金(事務局:菅波 完)
160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
Tel.070-5074-5985
Fax.03-3358-7064
E-mail info@takagifund.org
ホームページ http://www.takagifund.org
【国内の個人への研修奨励(研修・留学などへの助成)】もあわせて募集中。
詳細はお問い合わせを。
はじめに戻る

ハウジングアンドコミュニティ財団
住まいとコミュニティづくり活動助成

●受付締切/平成22年1月15日(金)必着
●助成の目的・対象期間・助成の額/【一般助成】
年度を単位とした活動を支援するもので、1年間(平成22年4月1日〜平成23年3月31日)の活動を助成。継続して助成することがありますが、この場合も各年度ごとにあらためて申し込み、選考を受けることとします。1件あたり100万円上限。
【特別助成】
サービスを提供しその対価を得るなど、いわゆる事業化(事業性の導入)により活動の発展を図ろうとしている団体を支援するもので、原則として2年間(平成22年4月1日〜平成24年3月31日)の活動を助成。ただし、年度ごとに継続助成が適当かどうかの評価を当財団で行います。1件あたり各年度100万円上限。
●助成の対象となる団体/営利を目的としない民間団体(特定非営利活動法人もしくは任意団体)。
●助成の対象となる活動/住まいとコミュニティづくりに関わる次のような分野についての活動。コミュニティ施設の提案・創造。住環境の保全・向上。地域の防災・防犯。入居者参加の住まいづくり。その他、豊かな居住環境の実現につながる活動。
●応募方法/申込書等はホームページからダウンロード。電話での取寄せも可能。
●問い合わせ先/(財)ハウジングアンドコミュニティ財団(助成係)
107-0052 東京都港区赤坂1-5-11 新虎ノ門ビル5階
Tel.03-3586-4869
Fax.03-3586-3823
ホームページ http://www.hc-zaidan.or.jp/
はじめに戻る

障害者市民防災活動助成
●受付締切/常時募集中
●対象活動/障害者市民防災活動とは、障害者市民が災害にあったとき、避難行動や避難生活がスムーズに行われるための活動、支援を有効に行なうためのネットワークづくりなど、次のような活動。詳細はホームページ参照。
1.障害当事者が中心となる防災活動(避難所・避難行動体験や啓発・学習活動)
2.防災を通じて障害者市民と地域住民とのネットワークがつくられ、日常の活動にもつながる取り組み
3.災害時に障害者支援を行うための具体的な仕組みづくり
4.障害当事者の声を反映した防災の研究活動
●助成の額/1回10万円を限度とする。
※単年度(1月〜12月)で助成額が100万円に達した場合は、その年度の助成申請締切。
●応募方法/申請書を郵送、Fax、E-mailのいずれかで送付。
●問い合わせ先/(特活)ゆめ風基金事務局
533-0033 大阪市東淀川区東中島1-14-1-108
Tel.06-6324-7702
Fax.06-6321-5662
E-mail yumekaze@nifty.com
ホームページ http://homepage3.nifty.com/yumekaze/bousai_shien.htm
はじめに戻る

2009年12月号のはじめに戻る
はじめに戻る