助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年11月号に掲載した助成金の情報です。 


日本たばこ産業(JT)青少年育成に関するNPO助成事業●受付締切/11月20日(金)
(株)三重銀行「NPOサポートファンド」●受付期間/10月26日(月)〜11月25日(水)
「きれいな川と暮らそう」基金●受付締切/11月30日(月)消印有効
平成22年度 (財)河川環境管理財団 河川整備基金助成事業●受付締切/11月30日(月)18:00
第12回日本水大賞・2010日本ストックホルム青少年水大賞●受付締切/11月30日(月)郵送の場合当日消印有効
第34回數納賞●受付締切/11月30日(月)
子どもゆめ基金助成金●受付締切/12月5日(土)
セブンーイレブンみどりの基金2010年度(平成22年度)公募助成●受付締切/平成22年1月8日(金)消印有効
三重ボランティア基金●受付締切/平成22年1月8日(金)

日本たばこ産業(JT)青少年育成に関するNPO助成事業
●受付締切/11月20日(金)消印有効
●助成の対象となる団体/非営利法人で、平成21年9月30日時点で法人として1年以上の活動実績を有する法人。
●助成の対象となる活動/非営利法人が国内において、地域社会の核となって実施する青少年(小学生から高校生まで)の健全育成につながる事業。
例)学校林の保全事業、自然体験活動、異世代交流事業、青少年が参加するまちづくり事業、障がい児支援事業、不登校・ひきこもり児童支援事業、里山の環境保全活動、青少年と地域の方々が一緒に取り組む環境美化活動、青少年と地域の方々が一緒に取り組む植林活動など。
●助成の額/年額上限150万円。 40件程度。
●応募方法/応募書類はインターネットからダウンロード。または、「応募書類郵送希望」と明記の上、団体名、代表者名、郵便番号、住所、電話を記載し、切手(200円分)を貼付した返信用封筒(角型2号)を同封して、応募締切日の2週間前までに事務局まで郵送で請求。
●問い合わせ先/日本たばこ産業株式会社 CSR推進部 社会貢献室
105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1JTビル
Tel.03-5572-4290
Fax.03-5572-1443
ホームページ http://www.jti.co.jp/csr/contribution/social/npo/index.html
はじめに戻る

(株)三重銀行「NPOサポートファンド」
●受付期間/10月26日(月)〜11月25日(水)消印有効
●対象団体/三重県内に主な活動拠点を置き、「環境保全」を主な活動分野とするNPO(法人格の有無は問いません)。
●寄付の額/寄付総額100万円を上限として10団体を目安に配分(ただし、1団体当たり上限は20万円)。なお、団体あて寄付のため、資金使途は自由です。
●応募方法/次の資料を選考委員会事務局の三重銀総研へ郵送。
(1)エントリーシート(三重銀総研ホームページからダウンロード)、(2)団体の目的や理念を記載した資料(定款、規約など)、(3)直近事業年度1年間の収支状況を記載した資料(財務諸表など)、(4)その他、活動内容をPRできる資料(パンフレット、会報など)。
●申込・問い合わせ先/(株)三重銀総研
510-0087 四日市市西新地7-8
Tel.059-354-7102
Fax.059-351-7066
E-mail mir@miebank.co.jp
ホームページ http://www.miebank.co.jp/mir/
はじめに戻る

「きれいな川と暮らそう」基金
●受付締切/11月30日(月)消印有効
●対象団体/学校および市民団体(NPO、NGO、サークルなど)
●対象活動/水資源確保・河川美化清掃・水質保全などの水環境保全活動
●助成の額/1団体最大100万円
●問い合わせ先/(社)日本河川協会「きれいな川と暮らそう」基金 事務局
102-0083 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E・C・Kビル3階
Tel.03-3238-9771
Fax.03-3288-2426
E-mail kikin@japanriver.or.jp
ホームページ http://www.japanriver.or.jp/kireinakawa/
はじめに戻る

平成22年度 (財)河川環境管理財団 河川整備基金助成事業
●受付締切/11月30日(月)18:00
●対象団体・活動/【1.調査・試験・研究に対する助成】
大学の研究者等が行う、国・地方公共団体の河川整備事業等の効果的・効率的推進に寄与するような調査・試験・研究
【2.環境整備対策に対する助成】
地方公共団体や各種法人等が実施する、水辺の環境の向上や利用者の利便向上に寄与する施設等の整備
【3.国民的啓発運動に対する助成】
地方公共団体、各種法人、団体、小中高等学校等が実施する、河川・ダム等への国民の理解を深める活動や、河川を活かした環境学習のための活動等。単年度の啓発活動対象の一般的助成と、設立後間もない団体等の活動を軌道に乗せるために助成を行う新設市民団体運営支援助成があります。
●対象事業の期間/平成22年4月1日〜平成23年3月31日
●応募方法/申請はE-mailにて。郵送、Faxでは受け付けません。
E-mailによる送信ができない場合は、事前に下記まで連絡を。
●申込・問い合わせ先/(財)河川環境管理財団 研究第一部(担当:矢野、関口、清水)
Tel.03-5847-8303(平日9:15〜12:00、13:00〜17:30)
E-mail(応募専用)kikin-shinsei@kasen.or.jp(11月30日18:00で閉鎖します)
ホームページ http://www.kasen.or.jp/joseiboshu22/h22.htm
はじめに戻る

第12回日本水大賞・2010日本ストックホルム青少年水大賞
●受付締切/11月30日(月)郵送の場合当日消印有効
●対象となる団体・活動/【水大賞】
水循環系の健全化に寄与すると考えられる活動分野における諸活動。(研究、技術開発を含む)個人、法人、グループの種別、年齢、職業、性別、国籍等を問いません。
【日本ストックホルム青少年水大賞】
高等学校または同等の学校(ただし高等専門学校については1年生から3年生まで)に在籍している20歳未満の生徒または生徒の団体(クラブなど)が行う水質改善、水資源管理、水保全または水や排水の浄化による生活の質の向上を目指すなど、水問題を解決するための理論的および応用的調査研究活動
●賞の内容/【水大賞】
大賞200万円・各大臣賞50万円・市民活動賞30万円・国際貢献賞30万円・奨励賞10万円・審査部会特別賞10万円
【日本ストックホルム青少年水大賞】
グランプリ20万円 およびストックホルム青少年水大賞国際コンテストへの参加費用・優秀賞10万円・審査部会特別賞10万円
●問い合わせ先/日本水大賞委員会事務局:(社)日本河川協会
102-0083 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3階
(担当:塚本、佐藤 平日9:15〜17:30)
Tel.03-3238-9771
Fax.03-3288-2426
E-mail taisyo@japanriver.or.jp
ホームページ http://www.japanriver.or.jp/taisyo/
はじめに戻る

第34回數納(かずのう)賞
●受付締切/11月30日(月)
●賞の対象/児童の健全育成に関し、児童福祉施設(児童館、児童養護施設等)、地域組織(母親クラブ、子ども会等)、家庭相談員、里親等の活動の具体的実践報告。
●受賞/數納賞1編(賞状と賞金30万円)、佳作4編(賞状と賞金各5万円)。佳作に準ずると評価された報告は奨励賞(賞状と賞金3万円)を設ける。
●申込・問い合わせ先/(財)児童健全育成推進財団 數納賞係
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城10階
Tel.03-3486-5141
E-mail fpsgc@jidoukan.or.jp
ホームページ http://www.jidoukan.or.jp
はじめに戻る

子どもゆめ基金助成金
●受付締切/12月5日(土)
●対象団体/次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的として、子どもの体験活動または読書活動の振興に取組む団体
(1)一般社団法人又は一般財団法人(2)特定非営利活動法人 (3)(1)及び(2)以外の法人格を有する団体(国または地方公共団体、法律により直接成立された法人、特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人は除く)(4)法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体
●対象活動/【子どもの体験活動】
(1)子どもを対象とする体験活動
(2)子どもの体験活動の支援活動
【子どもの読書活動】
(1)子どもを対象とする読書活動
(2)子どもの読書活動の支援活動
【子ども向け教材開発・普及活動】教材の開発条件は以下の通り。
(1)助成金の交付を受けた団体は、開発したソフトを最低3年間は無償でインターネットで提供又はCD−ROM等の媒体により利用者に無料又は廉価で提供しなければならないこと。なお、3年間の普及期間中は毎年度末及び理事長が求めた場合には、その普及状況を文書で提出すること。
(2)平成23年3月31日までにソフトの開発が完了し、利用者への提供が開始できる状態にあること。
●対象事業の期間/平成22年4月1日〜平成23年3月31日
●助成の額/【子どもの体験活動】【子どもの読書活動】2万円以上2000万円限度
【子ども向け教材開発・普及活動】2000万円限度
●問い合わせ先/独立行政法人国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部 助成課
151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
Tel.0120-579-081(フリーダイヤル 平日9:00〜17:45)、03-5790-8117,8118
Fax.03-6407-7720
E-mail yume@niye.go.jp
ホームページ http://yumekikin.niye.go.jp/
はじめに戻る

セブン-イレブンみどりの基金2010年度(平成22年度)公募助成
●受付締切/平成22年1月8日(金)消印有効
●対象活動/日本国内の団体および日本国内での環境市民活動
●対象事業の期間/平成22年3月1日(月)〜平成23年2月28日(月)
●助成の額/【環境市民活動助成】
(1)活動助成…総額1億1000万円
(2)広域連携活動助成…200万円×3件
(3)自立事業助成…440万円×2件
【地域美化活動助成】
(4)地域清掃活動助成…20万円×50件
(5)緑化植花活動助成…総額2000万円
●問い合わせ先/セブン-イレブンみどりの基金 助成担当
102-8455 東京都千代田区二番町8番地8
Tel.03-6238-3872(土日を除く9:30〜17:00)
Fax.03-3261-2513
E-mail oubo.10b@7midori.org
ホームページ http://www.7midori.org/
はじめに戻る

三重ボランティア基金
●受付締切/平成22年1月8日(金)
●対象団体/県内の各市町社会福祉協議会に、ボランティアグループとして登録され、福祉の向上を目的とした活動が計画的・継続的に行われ、地域の高齢者や障害者・児童等に対する支援を行っている団体
●対象活動/福祉活動を目的としたボランティアグループの活動費であって、その活動は先駆的・モデル的な活動(福祉のまちづくり)
●対象事業の期間/平成22年4月1日〜平成23年3月31日
●助成の額/1団体50万円以内
●応募方法/『助成金交付要望書』は、基金事務局またはホームページ、市町社会福祉協議会に設置。必要書類と共に登録先の市町社会福祉協議会に提出
●問い合わせ先/三重ボランティア基金事務局
津市桜橋2丁目131
Tel.059-227-9994
ホームページ http://www.miewel-1.com/vkikin/index.html 
はじめに戻る

はじめに戻る
2009年11月号のはじめに戻る