助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年9月号に掲載した助成金の情報です。 


耕作放棄地再生利用緊急対策●受付締切/随時
みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金●受付締切/10月23日(金)
日本財団助成事業●受付期間/10月1日(木)〜30日(金)
三井物産環境基金●受付締切/【活動助成】11月1日(日)消印有効【研究助成】10月25日(日)消印有効
(財)トヨタ財団2009年度地域社会プログラム●受付期間/10月1日(木)〜11月9日(月)消印有効
(財)ポーラ美術振興財団各種助成●受付期間/10月1日(木)〜11月9日(月)消印有効
生命保険協会「子育て家庭支援団体に対する助成活動」●受付締切/11月13日(金)消印有効
2010年度東洋ゴムグループ環境保護基金●受付期間/10月1日(木)〜11月30日(月)消印有効
22年度年賀寄附金及びカーボンオフセット年賀寄附金配分団体の公募●受付期間/10月1日(木)〜11月30日(月)消印有効

耕作放棄地再生利用緊急対策
〜荒れている農地をよみがえらせる取組を支援します〜

●対象となる団体/農業者、農業者等の組織する団体(農業生産法人、NPO法人等)
●対象となる活動/農地の引き受け手が行う耕作放棄地の再生や土づくりから、再生農地を利用する作付け・加工・販売の試行、必要な施設の整備等を総合的・包括的に支援します。
●対象の期間/〜平成23年度(再生作業)
●助成の額/耕作放棄地再生作業:3万又は5万円/10a(耕作放棄地の荒廃程度に応じて)
土壌改良、営農定着:2.5万円/10a
それに附帯する施設等補完整備(事業費1/2等)
●問い合わせ先/耕作放棄地が属する市町の農政主務担当課、耕作放棄地対策協議会又は三重県担い手育成総合支援協議会 Tel.059-213-2022
E-mail mieagri@nca.gjw.ne.jp
※詳細は農林水産省ホームページを参照
http://www.maff.go.jp/j/nousin/tikei/houkiti/index.html
はじめに戻る

みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金
●受付締切/10月23日(金)
●助成の対象となる団体/(1)創業者(2)新事業を行おうとするベンチャー企業、中小企業者(3)NPO、大学等の中小企業以外で新事業を行おうとする者
※(3)については助成総額の3割未満の範囲で対応
●助成の対象となる活動/地域の多様な主体によって、新たに地域の特性を活かして実施される次に掲げるビジネスとします。
(1)地域資源活用型ビジネス
・中小企業地域資源活用促進法に基づき、県が指定した特定地域資源を活用した取組による商品づくりやサービスの提供。
・知名度は低いものの、地域の特徴的な農林水産品、加工技術や観光資源で、新たな価値を見いだし、今後の地域資源活用促進法による指定の可能性のある地域資源を活用した商品づくりやサービスの提供。
(2)地域課題解決型ビジネス
・地域の課題を解決するための事業を、新たに地域の特性を生かし、ビジネスの手法によって取り組む内容。
●助成の額/助成対象経費の2/3以内。上限200万円、最低助成額50万円
●問い合わせ先/(財)三重県産業支援センター 産業支援部 地域産業創造課
514-0004 津市栄町1丁目891番地 三重県合同ビル5階
Tel.059-228-3585 Fax.059-228-3800
E-mail tisansou@miesc.or.jp
ホームページ http://www.miesc.or.jp/cb-fund/index.htm
※「みえ農商工連携推進ファンド助成金」もあります。詳細はホームページ参照
はじめに戻る

日本財団助成事業
●受付期間/10月1日(木)〜30日(金)
【2010年度助成事業 社会福祉・文化・教育などの事業】
●対象団体/日本国内に所在する財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、ボランティア団体など
●対象活動/障害者や高齢者が自立して暮らす社会を目指して
ひとり一人の尊厳が重んじられる社会を目指して
親子の絆、コミュニティ内の絆が強い社会を目指して
自然と調和し、健康で文化的な生活をしている社会を目指して
【リフォーム、機器・車両などの福祉拠点の整備】
●対象団体/日本国内に所在する財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO法人、ボランティア団体など
●対象活動/(1)空き店舗・民家等のリフォーム
(2)地域の小規模福祉施設のリフォーム
(3)障害者就労支援のための機器
(4)障害者就労支援のための車両
【青色防犯パトロール用車両購入資金助成】
●対象団体/平成22年4月1日現在、「青色回転灯を自動車に装着して適性に自主防犯パトロールを実施することができる団体であることの証明書」を所持している、NPO法人及びボランティア団体など
【海と川のボランティア助成】
●対象団体/ボランティア団体、特定非営利活動法人(NPO法人)
●対象活動/(1)親子で体験できる魅力的な海洋活動
(2)海や川をたのしくきれいにする活動
(3)海岸漂着物を調べて海から学ぶ活動
(4)地域に根ざした海や川の文化、歴史、技術を保存する活動
●応募方法(全助成共)/募集期間中、インターネットから申請するか、申請書をダウンロード後、記入して郵送。
●問い合わせ先(全助成共)/日本財団 コールセンター 107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル Tel.03-6229-5111(9:00〜18:00 土日・祭日を除く) Fax.03-6229-5110 E-mail cc@ps.nippon-foundation.or.jp
ホームページ http://www.nippon-foundation.or.jp/index.html 
※詳細はホームーページ参照
はじめに戻る

三井物産環境基金
【2009年度第2回活動助成】

●受付締切/11月1日(日)消印有効
●助成の対象となる団体/日本国内に 拠点をもつNPO法人、公益法人、中間法人、大学で活動実績が 3年以上の団体
●助成の対象となる活動/ 日本国内および海外における募集要項に記載の7つの地球環境問題の解決に関わる「実践的な活動」。大学の場合、大学の本業である研究・教育以外でNPO等との協働 による社会貢献活動。
●対象事業の期間/平成22年4月から3年以内
●助成の額/総額最大2億5千万円(ただし、1件の上限なし。申請案件を効率的に実施するために必要な金額の範囲内)
【2009年度研究助成】
●受付締切/10月25日(日)消印有効
●助成の対象となる団体/日本国内に拠点をもつ大学、公的研究機関、NPO法人、公益法人、中間法人及び上記の協働グループで研究実績が3 年以上の団体
●助成の対象となる研究/ 日本国内および海外における募集要項に記載の7つ地球環境問題の解決に関わる「国際共同研究」、「学際・総合/政策研究」、「未来志向研 究」のいずれか、あるいは複数に合致する研究
●対象事業の期間/平成22年4月から3年以内
●助成の額/総額最大3億円
1)「一般研究」:申請金額に より3つに区分(A:50百万円以上、B: 20百万円以上50百万円未満、C:20百万円未満)
2)「萌芽研究」:各課題の新分野にチャレンジする研究を助成 (5百万円以下)
●応募方法(両助成共通)/申請書はホームページからダウンロード。申請は郵送。
●問い合わせ先(両助成共通)/三井物産株式会社 CSR推進部 三井物産 環境基金事務局 100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1 
ホームページ http://www.mitsui.co.jp/csr/fund/promotion_recruitment/1189879_2757.html
【2009年度第2回活動助成】
Tel.03-5298-6616 E- mail office@mbk-kankyokikin.com
【2009年度研究助成】
Tel.03-3277-0540 E-mail 09MEF- KenkyuTKVCF@mitsui.com
はじめに戻る

(財)トヨタ財団2009年度地域社会プログラム
●受付期間/10月1日(木)〜11月9日(月)消印有効
●対象となる団体/活動に関わる団体の法人格の有無、種類などは問いません
●対象となる企画/地域社会が抱えるさまざまな領域の課題(医療・福祉、教育、まちづくり、文化、環境など)の解決に繋がる「仕組みづくり」のプロジェクトを募集します。今年度は、地域の自立を促す仕事づくり、価値づくりの取り組み、地域の多様な人々を包摂する共生に向けての取り組み、地域社会の担い手を育成・活用するための取り組みへのご提案をお待ちしています。
また、各団体独自で実施する経常的な事業に対してではなく、プロジェクト・チームで実施する活動に助成を行います。活動の目的に応じ、領域・世代・性別など適切な広がりを有し、一定の自己資金が投入される用意のある、持続的な作用・効果の強いプロジェクトを歓迎します。
●対象事業の期間/2010年4月より1年間または2年間
●助成の額/プロジェクト1件あたり年間300万円程度まで(プログラム総予算1億2千万円)
●応募方法/10月1日からホームページより募集要項、応募用紙のダウンロードができます。 http://www.toyotafound.or.jp
【公募説明会をおこないます】
○日時/11月1日(日)13:00〜17:00
○場所/アスト津3階 みえ県民交流センター ミーティングルームA&B
○主催/(財)トヨタ財団
○協力/(特活)みえNPOセンター
○内容/プログラム概要について、質疑応答、個別相談
*個別相談は20団体まで、お申し込みの先着順でお受けします。
●説明会の申込方法/名前、電話番号、所属、E-mail、個別相談の希望をFaxまたはE-mailにて下記へ。
(特活)みえNPOセンター
Tel.080-2619-9342(事務局) Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net
●問い合わせ先/(財)トヨタ財団 163-0437 東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル37階 Tel.03-3344-1701 Fax.03-3342-6911
はじめに戻る

(財)ポーラ美術振興財団各種助成
●受付期間/10月1日(木)〜11月9日(月)消印有効
●助成の対象/1、若手芸術家の在外研修
2、美術館職員の調査研究
3、美術に関する国際交流…A、海外美術展、B、国内開催の国際会議・交流活動
●助成対象事業の期間/平成22年4月1日〜平成23年3月31日
●助成の額/1、若手芸術家の在外研修…1名あたり12ヶ月で340万円以内、18名程度
2、美術館職員の調査研究…1件あたり200万円以内、12件程度
3、美術に関する国際交流…1件あたり200万円以内、12件程度
●応募方法/A4サイズが入る返信用封筒(120円切手を添付)に返信先と希望する対象分野を明記し、下記まで申請書を申込むか、ホームページからダウンロード。申請用紙は必ず郵送。
●問い合わせ先/(財)ポーラ美術振興財団 141-8523 東京都品川区西五反田2-2-3 Tel.03-3494-8237(代) E-mail info@pola-art-foundation.jp
ホームページ http://www.pola-art-foundation.jp/index.html
はじめに戻る

生命保険協会「子育て家庭支援団体に対する助成活動」
●受付締切/11月13日(金)消印有効
●対象となる団体/日本国内において、就学前の子どもの保護者等(妊婦等を含む)への支援活動を行っている民間非営利のボランティアグループ・団体、NPO法人等
●対象となる活動/例)学習会活動(育児勉強会の開催等)、相談活動(子育て相談・カウンセリング等)、情報提供活動(子育て情報誌の発行等)、交流活動(親子の集い・情報交換の場の提供等)等
●対象事業の期間/平成22年4月〜23年3月に実施する活動
●助成の額/総額1400万円以内 1団体当たり上限25万円。
●応募方法/書類はホームページからダウンロード可能。ダウンロードできない場合は、郵便番号・住所・団体名・担当者名・電話番号を明記し、生命保険協会三重事務室にFaxまたはハガキで請求。申請は郵便(簡易書留)で送付。
●資料請求・申請申込先/(社)生命保険協会三重事務室 514-0009 津市羽所町375 百五・明治安田ビル8階 Tel.059-225-7439 Fax.059-225-0413
●問い合わせ先/(社)生命保険協会「子育て家庭支援団体に対する助成活動」事務局 Tel.03-3286-2643 Fax.03-3286-2730
ホームページ http://www.seiho.or.jp
はじめに戻る

2010年度東洋ゴムグループ環境保護基金
●受付期間/10月1日(木)〜11月30日(月)消印有効
※応募の開始および締切が早まる可能性がありますので、下記にお問い合わせを。
●対象となる団体/ひろく環境保護・保全活動を行なう団体
●対象事業の期間/平成22年4月1日〜平成23年3月31日
●助成の額/総額3000万円程度を予定。1団体あたり原則100万円以下となりますが申請事業によっては100万円以上認められる場合があります(全所要額の1/2以下)。下限はなし。10万円未満の申請もできます。
●応募方法/10月1日に大阪コミュニティ財団ホームページに記載される応募書類を使用。申請書類は財団に郵送。
●申込・問い合わせ先/(財)大阪コミュニティ財団 540-0029 大阪市中央区本町橋2番8号 大阪商工会議所ビル5階 Tel.06-6944-6260
Fax.06-6944-6261
ホームページ http://www.osaka-community.or.jp/
●問い合わせ先/東洋ゴム工業株式会社 品質環境センター 環境安全衛生推進部 Tel.06-6441-8774 Fax.06-6445-0333
ホームページ http://www.toyo-rubber.co.jp/eco/fund.html
はじめに戻る

22年度分年賀寄附金及びカーボンオフセット年賀寄附金配分団体の公募
●受付期間/10月1日(木)〜11月30日(月)消印有効
【年賀寄附金配分助成事業】
●対象となる団体/日本の非営利法人(社会福祉法人、更生保護法人、特例民法法人、公益社団法人、公益財団法人、NPO法人)とし、社会福祉の増進、青少年の健全育成、地球環境保全等の「お年玉付郵便葉書等に関する法律」により定められた10の分野の事業を行う団体。
●対象となる活動/(1) 社会福祉の増進を目的とする事業
(2)風水害、震災等非常災害による被災者の救助又はこれらの災害の予防を行う事業
(3)がん、結核、小児まひその他特殊な疾病の学術的研究、治療又は予防を行う事業
(4)原子爆弾の被爆者に対する治療その他の援助を行う事業
(5)交通事故の発生若しくは水難に際しての人命の応急的な救助又は交通事故の発生若しくは水難の防止を行う事業
(6)文化財の保護を行う事業
(7)青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
(8)健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
(9)開発途上にある海外の地域からの留学生又は研修生の援護を行う事業
(10)地球環境の保全(本邦と本邦以外の地域にまたがって広範かつ大規模に生ずる環境の変化に係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業
●助成の額/「活動・一般プログラム」は申請額50〜500万円。「活動・チャレンジプログラム」は50万円まで。「施設改修」「機器購入」「車両購入」は500万円まで。
※「車両購入」において、環境に配慮した、かつ新たな付加価値、先駆性、波及性のある他のモデルとなるような活動につながる環境対応車の導入を推奨。
【カーボンオフセット年賀寄附金配分助成事業】
●対象となる団体/日本の非営利法人(公益社団法人、公益財団法人、NPO法人、特例民法法人)とし、「お年玉付郵便葉書等に関する法律」にある地球環境の保全(本邦と本邦以外の地域にまたがって広範かつ大規模に生ずる環境の変化に係る環境の保全をいう)を図る事業を行う団体
●プログラム・助成の額/1、排出権取得・償却(無効化)事業助成プログラム…上限なし 2、地球温暖化防止活動事業助成プログラム…上限500万円
●問い合わせ先/郵便事業株式会社 環境・社会貢献室内 年賀寄附金事務局
100-8798 東京都千代田区霞が関1丁目3番2号
Tel.03-3504-4401 Fax.03-3592-7620
ホームページ http://www.post.japanpost.jp/kifu/
ブログ http://blog.post.japanpost.jp/csr/2009/08/post-34.html
(受付時間:土日祝日を除く、10:00〜12:00および13:00〜17:00)
はじめに戻る

2009年10月号のはじめに戻る
はじめに戻る