市民活動・ボランティアニュース2009年9月号

◆発行◆
みえ県民交流センター指定管理者(みえNPOセンター、ワーカーズコープ)
514-0009 津市羽所町700番地アスト津3階
Tel.059-222-5995 Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net
ホームページ◆http://www.mienpo.net/center/
三重県のホームページ◆http://www.pref.mie.jp
市民活動・ボランティアニュースはこちらにあります!
【三重県NPOグループからお知らせ】
今月は5団体の申請がありました
【みえ市民活動ボランティアセンターからお知らせ】
企画「共感を呼ぶプレゼンテーション」と中間支援組織担当者ネットワーク交流会のお知らせ。
【イベントスケジュール】
平成21年9〜12月に三重県内各地で開催される市民活動のイベントを事前にお知らせします。
【よびかけ・報告】
2009津市国際交流デーでの国際屋台村出店者とライトミュージックフェスティバルの出演者を募集しています。
【ひろげる・つなぐ・かえる】
みなさんに一緒に考えていただきたい課題をNPOの視点で取り上げます。
【助成金情報】
市民活動を資金面からサポートする助成金情報です。今月号は3団体の情報を掲載しています。
【理念と歩みから学ぶ NPO物語】
特定非営利活動法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター
組織にスポットライトを当て、三重県内の市民活動団体を紹介していくインタビューコーナーです。
「特定非営利活動法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター」は、障害者や高齢者に向けて、伊勢志摩の観光施設や宿泊施設、レジャー情報などのバリアフリー情報を発信しています。
観光再生という理念を、常にぶれることなく語る、中村理事長。
現場の先頭に立ち、様々な分野と連携していく、野口事務局長。
二人の見事なコンビネーションによる伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの活動は、全国に名を広め、国土交通省による第一回バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞しました。

暑い夏
遅かった梅雨明けのあと、いつものように我が国では「ひろしま、ながさき」の夏をむかえ、鎮魂と不戦の誓い、核廃絶の呼びかけが行われました。
汗とほこりまみれの高校野球の熱戦が暑さに拍車をかけ、8月15日の終戦記念日。
おりしも衆議院議員選挙を控えての政策論争も過熱気味。政党もマニフェストをかざしての論戦。そういう意味では記念すべき選挙です。
今年は殊のほか、暑い夏でもあります。
日々の暮らしの中で感じる不合理さや矛盾、どうにもならないもどかしさなどを抱えて悩ましい者にとっては、胸に手をあて頭をたれ、思いを致す暑い夏でした。
はじめに戻る

三重県NPOグループからお知らせ
特定非営利活動法人認証申請団体と成立団体のお知らせ
●認証申請団体
(1)名称
(2)代表者氏名
(3)法人事務所の所在地
(1)志摩総合サービス (2)浜口淳勇 (3)志摩市阿児町鵜方4853番地
(1)元気豊作 (2)村田耕一 (3)松阪市鎌田町732番地
(1)グリーングラス・みえ (2)岩名秀樹 (3)四日市市堀木1丁目3番25号 太平洋プラザ1F
(1)環境Re機構 (2)川瀬正人 (3)いなべ市北勢町阿下喜717番地3
(1)コーケン (2)松見正行 (3)津市寿町520番5

(平成21年7月10日〜平成21年8月9日申請分)

●成立した特定非営利活動法人(登記年月日)
こどもぱれっと(平成21年7月7日)
三重福祉音楽倶楽部遊友快(平成21年7月15日)
アスベスト対策支援機構(平成21年8月4日)

(平成21年7月10日〜平成21年8月9日届出分)

※関係書類は、三重県生活・文化部男女共同参画・NPO室に備え置いてあります。
はじめに戻る

みえ市民活動ボランティアセンターからお知らせ
共感を呼ぶプレゼンテーション
〜もう、活動アピールはこわくない!〜

特定非営利活動法人 大阪NPOセンターの堀野亘求(ほりののぶひで)さんを講師としてお招きし、NPOの運営や活動アピール、意見発表に必要不可欠なプレゼンテーションを学びます。実際に繰り返して学ぶことで、「共感を呼ぶ」コツと戦略的にうまく伝えるスキルを身につけます。
●とき/9月26日(土)10:00〜16:00(うち1時間昼休憩あり)
●ところ/みえ県民交流センター イベント情報コーナー
●対象/市民活動団体等に所属している方を中心にどなたでも
●定員/20名(先着順)
●受講料/3000円
●申込方法/受講料を添えて9月23日までにアスト津3階「みえ市民活動ボランティアセンター」窓口でお申込みください。定員に達し次第締め切ります。
●問い合わせ先/みえNPOセンター・ワーカーズコープ
Tel.059-222-5995
Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net
はじめに戻る

中間支援組織担当者ネットワーク交流会
〜顔の見えるつながりを作りませんか?〜

中間支援、NPO支援に関わる人が集まり、共通の悩みや疑問を出し合って、意見交換する場です。隔月で協働をテーマに勉強会も開催。いずれも無料、会場はみえ県民交流センター交流スペースです。
【交流会】●とき/9月9日(水)13:30〜16:00
【協働勉強会】●とき/10月8日(木)13:30〜16:00
●問い合わせ先/みえNPOセンター・ワーカーズコープ
Tel.059-222-5995
はじめに戻る

平成21年7〜9月に開催される市民活動に関する講演会やイベントです

第20回あけぼのサロン(おしゃべり会)
●とき/9月1日(火)13:00〜15:30
●ところ/四日市じばさん三重5階小研修室
●参加費/無料
●内容/「あなたは一人ではありません」。乳がんを体験した方ならどなたでも参加できます。初めての方もぜひ勇気を出して参加してください。
今回のテーマは「術後の不安をどのように克服したか」。
●問い合わせ先/乳がん体験者の会「あけぼの会」三重支部(担当:小野)
Tel.0596‐25-3426、090-2944-4773
はじめに戻る

第5回地域の知の拠点シンポジウム
「犯罪被害者支援講座」

●とき・ところ/9月1日(火)〜4日(金)三重県男女共同参画センター
8日(火)津地方裁判所
●参加費/無料
●内容/犯罪被害を自分のこととして受け止め、被害者本人および家族・遺族を地域の中でどのように支援していけばよいか理解することを目的としています。講座内容は以下の通り。時間など詳細はホームページを参照。
1日…(1)犯罪被害者支援とは。(2)被害者の置かれる現状。(3)犯罪被害者の現状と支援。
2日…(4)被害者支援ボランティアの体験談。(5)被害者の心理と支援。(6)被害者の受ける精神的影響。
3日…(7)電話相談の実務1 相談対応の基本。(8)電話相談の実務2 ロールプレイ。
4日…(9)行政と被害者支援。(10)三重県警の被害者支援ネットワーク。(11)弁護士による被害者支援。(12)みえ犯罪被害者総合支援センターの活動状況とこれから。
8日…(13)刑事司法の実際(裁判傍聴)。
●募集人数/先着100人。
8日は1〜4日に開催される講座の内、8講座以上受講した方のみ応募可能で募集は30人。
●主催・申込・問い合わせ先/鈴鹿国際大学
Tel.059-372-2121
Fax.059-372-2827
ホームページ http://www.suzuka-iu.ac.jp/
はじめに戻る

第6回「峰の月」誕生の地邦楽演奏会
●とき/9月5日(土)17:00〜 
●ところ/国民宿舎「関ロッジ」屋上(雨天:大広間)
●参加費/無料
●内容/邦楽演奏(民謡・三線・箏・尺八)。最後に「関ロッジ」の正面に名峰、錫杖ヶ岳を眺め、伊勢の海より出る月を愛でながら「峰の月」を尺八合奏します。
●問い合わせ先/国民宿舎「関ロッジ」
Tel.0595-96-0029
●主催/「峰の月」誕生の地邦楽演奏会実行委員会(事務局:一見)
Tel.090-2314-8068
はじめに戻る

映画上映「ゆずり葉」
●とき・ところ/【津】9月6日(日)13:00〜 三重県男女共同参画センター
【伊勢】9月12日(土)13:30〜 ハートプラザみその
【伊賀】9月26日(土)13:30〜 あやま文化センター さんさんホール
【桑名】10月3日(土)13:00〜 桑名市民会館小ホール
【四日市】10月18日(日)14:00〜 四日市市総合会館8階視聴覚室
●参加費/前売 大人1200円、高校生以下800円
当日 大人1500円、高校生以下1000円
●内容/全日本ろうあ連盟が創立60周年を記念して初製作した映画「ゆずり葉」を上映します。脚本・監督の早瀬憲太郎自身も聴覚障がい者。出演はろう演劇界のリーダー庄崎隆志、SPEEDの今井絵理子ほか。
津市と四日市市では上映のほか、映画関係者のトークショーも開催。希望者は別料金300円で入場できます。ただし、津市の場合、協会会員と賛助会員は無料です。
●申込・問い合わせ先/(社)三重県聴覚障害者協会
Tel.059-229-8540
Fax.059-223-4330
はじめに戻る

セプテンバーコンサート2009inいせ
〜世界の扉を開けて〜

●とき/9月11日(金)19:00〜21:00 
●ところ/いせ市民活動センター北館 いせシティプラザ
●参加費/無料
●内容/アメリカ同時多発テロをきっかけに始まった平和コンサート。出演予定はチームISE(カントリーダンス)、サクラギファミリア(フラメンコ)、Vivo(ピアニカ・ピアノデュオ)、サニーサイドゴスペルクラブ三重、Pray(フルート・ハープ・アコースティックギターアンサンブル)、141Gospel Choir。
元国連カメラマン、スダカラン氏の作品上映やチャリティバザー、小学生の平和へのメッセージ展示なども同時開催。
ドリンクサービスもあるので、マイカップ持参で。
●主催・問い合わせ先/伊勢市国際交流協会(事務局:伊勢市役所市民交流課内)
Tel.0596-21-5549
はじめに戻る

昭和の縁日 〜魚まちで昔の遊びしょうや〜
●とき/9月19日(土)15:00〜19:30(小雨決行)
●ところ/紀北町紀伊長島(西長島)・長楽寺、多目的会館周辺
●内容/縁日復活2年目!紀伊長島の住民がスタッフに徹し、子どもたちを迎えます。
食べて、遊んで、親子で懐かしい縁日をお楽しみください(お化け屋敷は19時で終了)。
●問い合わせ先/紀北町役場産業振興課観光係
Tel.0597-32-3905
●主催/昭和の縁日実行委員会
はじめに戻る

フリーマーケットin四日市ドーム VOL.31
●とき/9月20日(日)10:00〜16:00
●ところ/四日市ドーム(四日市市大字羽津甲5169)
●参加費/入場料 当日525円、前売315円
●内容/フリーマーケット700ブース、飲食ブース8ブース、企業ブース6ブース。
会場内ステージにて、ダンスパフォーマンス・ウルトラビンゴゲームなどを開催。
三重県環境学習情報センターによる『エコバッグに絵を描こう!』・我楽の会による『U15キッズフリマ』も行います。
●主催・問い合わせ先/(特活)MFA
Tel.059-320-0133
Fax.059-320-0134
E-mail webmaster@mfa.gr.jp
ホームページ http://www.mfa.gr.jp/
●共催/レディオキューブFM三重
はじめに戻る

桑員地域(まち)のエコをまるごと体験!〜未来をいっしょに創ろう〜
そういんエコフェスタ2009

●とき/9月23日(水・祝)9:00〜15:00
●ところ/東員町中部公園(雨天時:東員町保健福祉センター)
●内容/クラフトコーナーやエコ体験、エコ情報が大集合。各ブースでもらえるエコサインを集めると熱気球にも乗れるほか、愛・地球博のマスコット、モリゾーとキッコロや三重県ごみゼロキャラクター、ゼロ吉も登場!
スポーツ公園駐車場では、東員町フリーマーケットも同時開催。
主催の桑員エコリーグは、桑員地域を「環境」のキーワードでつなぎ、みなさんとエコな交流を目指すグループです。
●問い合わせ先/桑員エコリーグ事務局
Tel.&Fax.0594-24-9848
E-mail hp@eco-matsuda.info
●主催/そういんエコフェスタ2009実行委員会(桑員エコリーグ)
はじめに戻る

新・働き方講座『コミュニティ ビジネスって、ナニ?』
●とき/9月26日(土)昼の部 13:00〜15:00、夜の部 18:00〜20:00
●ところ/松阪市市民活動センター(松阪市日野町788カリヨンプラザ3階)
●参加費/無料 
●内容/「喜ばれるビジネス」、「笑顔がいっぱいになるビジネス」。そういう仕事をしてみたいですよね。
今、注目のコミュニティビジネスを、どなたにでも解りやすくお伝えする「カンタン入門編」です。
「地域に役立つ事業・創業」が気軽に無料で学べます。
講師は(特活)コミュニティビジネスサポートセンター(http://www.cb-s.net/)です。
●募集人数/20人(先着順)
●申込方法/「9.26CB講座参加希望」と「住所・名前・Tel・Fax・E-mail」を記入し、FaxかE-mailで申込み。
●問い合わせ先/(特活)Mブリッジ(担当/米山)
Tel.0598-23-8400 Fax.0598-25-3803
E-mail info@m-bridge.jp
ホームページ http://www.m-bridge.jp/nextdoor/
はじめに戻る

第2回日本語学習支援者養成講座
●とき/【第1回】9月26日(土)10:00〜17:00
【第2回】10月10日(土)13:00〜17:00
【第3回】10月24日(土)13:00〜17:00
【第4回】11月14日(土)13:00〜17:00
【第5回】11月23日(祝・月)10:00〜17:00
●ところ/アストプラザ研修室(アスト津4階)ほか
●参加費/無料
●内容/地域の日本語教室で、外国人に日本語を教えているボランティアの方で、全講座出席できる方を対象とした研修です。講師の話を聞くだけでなく、受講生が先生役を担当する『模擬授業』や『教案作り』を取り入れた実践的な内容となっています。
●募集人数/30人
●応募期間/9月1日(火)〜14日(月)
●申込・問い合わせ先/(財)三重県国際交流財団(MIEF)
514-0009 津市羽所町700 アスト津3階(津駅東口隣接ビル)
Tel.059-223-5006 Fax.059-223-5007
E-mail mief@mief.or.jp
ホームページ http://www.mief.or.jp
はじめに戻る

子どもの心をわくわくさせる絵本
●とき/9月27日(日)13:30開場 14:00〜16:00
●ところ/四日市市立博物館 講座室(四日市市安島1丁目3番16号)
●参加費/無料 
●内容/さあ、絵本劇場がはじまりますよ。
「絵」と「ことば」そして「音楽」がふしぎの世界へおさそいします。
●募集人数/親子50組(要申込・先着順)
●応募締切/9月20日(日)
●申込方法/申込み講座名、月日、氏名、お子様の人数および年齢をE-mail、Faxで下記へ。
●主催・申込・問い合わせ先/高田短期大学(育児文化研究センター)
Tel.059-232-2310
Fax.059-232-6317
E-mail ikubun@takada-jc.ac.jp
はじめに戻る

第7回三重映画フェスティバル
●とき/9月27日(日)9:30開場 10:00『歓喜の歌』上映
●ところ/三重県男女共同参画センター 多目的ホール
●内容/映画『歓喜の歌』上映と関連トークショーのほか、恒例「学生企画」自主制作映画の上映などを行います。詳細はホームページをご覧ください。
前売券はチケットぴあなどで販売中。
●問い合わせ先/三重映画フェスティバル実行委員会
Tel.059-326-1908
ホームページ http://www.mie-cinemafesta.net
はじめに戻る

ワンデーレッスン
「パエリヤと季節の野菜たっぷりスープなど」

●とき/9月29日(火)10:15受付 10:30〜12:30
●ところ/四日市まんなか子ども劇場
●参加費/一般1000円、会員700円(材料費別途必要)託児500円(二人目から半額)
●内容/先輩ママによるカンタンお料理教室
●申込・問い合わせ先/四日市まんなか子ども劇場 Tel.&Fax.0593-51-6670
はじめに戻る

色・・いろいろ・・
「カラーユニバーサルデザイン」講演会

●とき/10月4日(日)13:30〜15:45
●ところ/伊賀市ゆめぽりすセンター 2階大会議室
●参加費/無料 
●内容/いま、すべての人にやさしい色(いろ)の必要性が求められています。
国内で320万人、男性の20人に1人が色弱者であるといわれています。人はみんな、さまざまな夢や希望を持っているように、見ている「色」も違います。自分以外の人たちの色の世界を知り、学びます。
講師は(特活)カラーユニバーサルデザイン機構副理事長の伊賀公一さん。要約筆記・磁気誘導ループあります。託児は9月24日までに予約してください。
●募集人数/50人
●申込・問い合わせ先/(特活)ユニバーサルデザイン同夢
Tel.&Fax.0595-23-9513
E-mail son@doumu.net
ホームページ http://www.doumu.net
はじめに戻る

津・四日市ドイツ語会話教室
●とき・ところ/10月9日〜12月18日(11月6日を除く毎週金曜、全10回コース)
【津教室】アスト津4階・橋北公民館(津駅東口隣接ビル)18:45〜20:30
【四日市教室】じばさん三重 (四日市市立博物館となり)19:00〜20:45
●参加費/10回で10000円(初回に一括納入)
●内容/三重大学ドイツ人留学生を講師に迎えて、ドイツ語会話を学びます。全くの初心者の方が対象です。会話の練習(フリートーキング)を主とします。
●申込・問い合わせ先/【津教室:向井】Tel.059-232-0594
【四日市教室:池田】Tel.059-351-4843
●主催/三重日独協会
はじめに戻る

傾聴ボランティア養成講座
●とき/10月20日(火)13:15〜16:00
21日(水)13:15〜16:00
22日(木)14:00〜16:00
23日(金)10:00〜16:00
時間はすべて予定
●ところ/三重県男女共同参画センター2階 セミナー室A
●参加費/資料代1000円
●内容/介護保険施設等へ訪問し、高齢者の方々の「お話相手のボランティア活動」を目標にした養成講座。
●募集人数/先着30人(10月24日は満員受付終了)
●申込方法/参加日時、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、Tel&Fax、携帯電話をFax、E-mail、郵送で申込み。
●問い合わせ先/受付窓口:津傾聴ボランティア会(担当:真鍋)
515-2617 津市白山町上ノ村9-52
Tel.&Fax.059-262-1490
E-mail m-manabe@ztv.ne.jp
●主催/みえ傾聴ボランティア連合会
はじめに戻る

第435回 NACS-J自然観察指導員講習会・三重県
●とき/11月21日(土)〜23日(月・祝)
●ところ/津市青少年野外活動センター現地集合・解散
(津市神戸小世古1680-1 Tel.059-228-4025)
●参加費/一般24000円、NACS-J会員19000円
(2泊6食、受講料、Nacs-J初年度登録料5000円、保険料、テキスト代)
●内容/「自然の保護を考えよう」「自然の観察」など地域の自然を理解するためのプログラムです。参加資格は満18歳以上で、講習会全日程の講義・実習を受講できる方。自然観察指導員として、地域での活動をすすめる意欲をもった方です。
●募集人数/60人(三重県内50人、県外10人)
●応募締切/【県内の方】10月26日(月)必着
【県外の方】10月9日(金)〜10月26日(月)必着
●申込方法/申込書、自然観察会の活動暦や、参加の動機、今後の活動の希望を郵送、E-mail、Faxで下記へ。
E-mailの方はホームページ(http://nacsmie.web.fc2.com/)からフォームをダウンロード。
●申込・問い合わせ先/【県内の方】自然観察指導員「第435回講習会」係
515-0072 松阪市内五曲町34-8 木原寿代方
Tel.&Fax.0598-23-0856、090-3481-3637
E-mail hisayo@mctv.ne.jp
【県外の方】「第435回講習会」係
104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2階 (財)日本自然保護協会
Tel.03-3553-4105
E-mail 2009@nacsj.or.jp
ホームページ http://www.nacsj.or.jp/shidoin/index.html
はじめに戻る

よびかけ・報告
2009津市国際交流デー
「国際屋台村」出店者募集

世界各国の食べ物販売を行う出店を10店、募集します。当日は屋台村のほか、バザーや展示なども開催します。
●とき/11月1日(日)11:00〜16:00
●ところ/お城西公園(津市役所隣)
●応募締切/9月1日(火)必着
●申込方法/応募多数の場合、選考により決定。指定の申込書を下記へ持参またはFax。
●問い合わせ先/津市国際交流協会
津市役所3階国際・国内交流室内(担当:平井・山口) 
Tel.059-229-3146
Fax.059-229-3366
はじめに戻る

第21回ライトミュージックフェスティバル出演バンド募集
楽しく、熱のこもったライブ演奏ができるアマチュアバンドを募集します。応募資格は主要メンバーが県内に居住、または勤務しているアマチュアのグループ、個人。打ち合わせ会議に出席でき、チケット販売に努力していただける方に限ります。応募曲は、登録したメンバーでライブ演奏できるもの。オリジナル、コピーは問いません。
●とき/12月19日(土)18:00〜21:00
●ところ/津リージョンプラザ(お城ホール)
●応募締切/9月2日(水)必着
郵送の場合は消印有効
●申込・問い合わせ先/三重県軽音楽振興協議会(K-Net)事務局
Tel.&Fax.0598-42-6656
E-mail knet@guitar.ocn.ne.jp
はじめに戻る

ひろげる・つなぐ・かえる
みなさんに一緒に考えていただきたい課題をNPOの視点で取り上げます。

ふりかえり会議の行方
三重県ではNPOと三重県が協働事業を実施した際に、“協働事業ふりかえりチェックリスト”を使って当事者双方による事業のふりかえりが行われます。「ふりかえり会議」はNPOと協働の相手側である事業担当課、および仲介者の三重県生活・文化部男女共同参画・NPO室NPOグループをはじめ関係各課など、当事者双方の気づきの場として位置づけられています。
協働事業の進行に従い当事者がまず行うのは、“協働事業ふりかえりチェックリスト”により、双方が協働のプロセスを自己点検することから始まります。事業の企画立案期、中間期、完了期の各段階で実施することになっており、主体的にかかわった当事者同士が同じチェックリストを用いて協働のプロセスや成果について「目標を共有しているか」「役割や責任の分担は妥当か」など、1つひとつの項目にしたがって記入していきます。それぞれが記入したチェックリストを1枚のシートに転記して突き合わせてみると、お互いに思っていたことにズレがあることが分かります。それがなぜなのかを議論し、その課題を共有し、改善の方向を探ることに意味があります。
協働コーディネーターが入らずに当事者同士で行う場合もありますが、当事者同士では気づかなかった点や話しにくい事柄でも第三者のコーディネーターが入ることによって客観性が保たれ、円滑に議論が進むという利点もあります。コーディネーターは意見書を作成し、当事者の気づきとともに今後の事業展開に活かすこととなっています。NPOグループのホームページにも「ふりかえり会議」の意義として「次に活かすことを目的としている」と記載されています。
しかしながら意見書を提出しても、結局、双方にどう活かされたのか、行政のあり方等についても聞きっ放しで改善されたかどうか不明である点で徒労感しかないというコーディネーターのつぶやきも聞こえてきます。いずれにしても一度は行政の仕組みに組み込まれたものの、肝心の改善という段階で宙ぶらりんになっていると言わざるを得ないのではないでしょうか。「ふりかえり会議」の今後の行方が気になっています。
はじめに戻る

おねがい
市民活動・ボランティアニュースに情報を提供される際、以下のことにご留意のうえ、積極的なご活用を期待しています。
(1)原稿はニュースにそのまま掲載できる状態にして、毎月10日までにお送りください。
(2)送付はE-mail(ない方はFAX)で。その際、「市民活動・ボランティアニュースへの掲載のお願い」と件名を明記してください。
E-mail center@mienpo.net Fax.059-222-5971
転載を希望される場合は必ず「みえ県民交流センター指定管理者:みえNPOセンター・ワーカーズコープ」に連絡してください。