助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年7月号に掲載した助成金の情報です。 


イーパーツ寄贈プログラム●【リユースPC寄贈プログラム】受付締切/7月14日(火)【カラーレーザープリンタ寄贈プログラム】受付締切/7月15日(水)
米日財団 日米相互理解プロジェクト助成●受付締切/通常は年2回(7月15日、1月15日)
あしたのまち・くらしづくり活動賞●受付締切/7月24日(金)
(財)みずほ社会福祉助成金●受付締切/7月31日(金)必着
ユニベール財団市民活動助成●受付締切/7月31日(金)必着
RICOH グリーンプロモーション エコひいき2009●受付締切/7月31日(金)消印有効
(財)松翁会社会福祉助成金●受付締切/7月31日(金)消印有効
第7回MPドリーム助成金●受付締切/8月20日(木)必着

イーパーツ寄贈プログラム
【第50回リユースPC寄贈プログラム】

●受付締切/7月14日(火)
●寄贈の対象となる団体/以下のすべての条件を満たす団体。寄贈対象には社会福祉法人・財団法人・任意団体も含みます。
日本国内を拠点に非営利活動を行っている団体
社会的課題の解決のため、寄贈PCを有効に活用して下さる団体
OSおよび Officeのアクティベーション(認証)、ドライバの更新などPCの設定ができる団体
●寄贈品/CPU1.3GHzクラス以上のリユースノートPC(デスクトップが可能な場合もあります)ソフトウェアはWindows Xp Professional、Office Xp Standard、Virus Buster2009をインストール済み。
●寄贈台数/約60台。1団体につき1台単位で上限10台
【第11回カラーレーザプリンタ寄贈プログラム】
●受付締切/7月15日(水)
●寄贈の対象となる団体/日本国内に主な事務所のある非営利団体であること (法人格の有無は問わない、財団・社団・社会福祉法人でも可)
社会的問題の解決のため、寄贈プリンタを有効に活用して下さる団体。その他詳細はホームページを参照。
●寄贈品/リコーカラーレーザプリンタ IPSiO SP C710、C711
●寄贈台数/20台を予定。1団体につき1台。
●応募方法/ホームページ参照のこと。
●問い合わせ先/(特活)イーパーツ事務局 154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-55-8 パレグレイス501 Tel.03-5481-7369(平日13:00〜18:00)
Fax.03-6805-2728 E-mail info@eparts-jp.org
ホームページ http://www.eparts-jp.org/
はじめに戻る

米日財団 日米相互理解プロジェクト助成
●受付締切/通常は年2回(7月15日と1月15日)ですが、若干前倒しになることがありますので、念のため、個別にご照会ください。
●助成の対象となる団体/無制限です。海外日本人、在日外国人、海外外国人も応募できます。ただし、個人や営利団体は対象外です。
●助成の対象となる活動/「コミュニケーション」「世論」のための助成:日米両国民の相互理解のため、メディア、非営利団体、世論、また映像などの各分野において具体的な問題について協力・研究するプロジェクト。但し、個人や営利団体は対象外。
●応募方法/直接、財団に申請してください。専用の申請用紙はありません。
●問い合わせ先/米日財団 107-0052 東京都港区赤坂1-14-2 霊南坂ビル1階 Tel.03-3586-0541 Fax.03-3586-1128
ホームページ http://www.us-jf.org
はじめに戻る

あしたのまち・くらしづくり活動賞
●受付締切/7月24日(金)
●助成の対象となる団体/地域住民が自主的に結成し運営している団体、または、地域活動団体と積極的に連携して地域づくりに取り組む商店街、学校等で、地域に即した発想・リーダーシップ・方法などにより、地域づくり、くらしづくり・ひとづくり活動に2年以上取り組み、大きな成果をあげて活動している団体。
●助成の対象となる活動/次に例示するような活動に取り組み、その活動を通じて、地域づくり・くらしづくり・ひとづくりに大きな成果をあげた活動など。
(1)子どもの安全を確保するための見守りや遊び塾、放課後子どもの居場所づくり、寺子屋、地域の学校との協働などによる子どもの健全な育成等の活動など。
(2)高齢者や熟年者の生きがいづくりや日常生活のサポート・ケアなどの充実に取り組む活動など。
(3)町並みや棚田などの景観の保全や整備、放置自転車対策、コミュニティバスなど公共交通、公園など公共施設の整備による快適な生活環境をつくり出す活動など。
(4)伝統芸能の継承や地域の歴史の掘り起し、劇団活動などの地域文化の振興、市民スポーツクラブの育成、健康体操教室による住民の健康づくりなどの活動など。
(5)生ごみや廃食油のリサイクルなどにより、地域循環型社会をめざす活動など。
(6)都市と農山漁村との交流活動や、地域資源を活かした特産品の開発等による地域産業を振興する活動や中山間地の元気まちむらづくり活動など。
(7)地域の資源、伝統を生かした食文化を育む食育活動など。
(8)防犯パトロールなど各種の防犯活動やひやりマップ・防災マップ等などによる犯罪や災害に強いまちづくりの活動など。
(9)地域の人々や企業、行政などと協力しながら、子どもも大人もホッとできる居場所づくりや子育ち親育ちのサポート、体験活動、世代間交流、地域の「子育てネットワーク」づくり、子育て支援活動の活動など。
(10)その他、住み良い地域づくり・くらしづくり・ひとづくりを目指す活動など。
●表彰/内閣総理大臣賞(1件)、内閣官房長官賞(1件)、主催者賞(5件以内)、振興奨励賞(20〜30件)
●応募方法/申込用紙などはホームページからダウンロード。応募は、郵便、宅配便又はE-mailにて。
●問い合わせ先/(財)あしたの日本を創る協会「あしたのまち・くらしづくり活動賞」係 101-0021 東京都千代田区外神田1-1-5 昌平橋ビル3階 Tel.03-3251-6681 Fax.03-3251-6682 E-mail ashita@ashita.or.jp
ホームページ http://www.ashita.or.jp/
はじめに戻る

(財)みずほ社会福祉助成金
●受付締切/7月31日(金)必着
●助成の対象となる団体/原則として1年以上の継続的な活動実績のある法人施設、団体、共同作業所等又は研究グループ(3人以上)とし、個人は除きます。
●助成の対象となる活動/障害児者に関する事業及び研究で先駆的・開拓的事業及び研究を優先(但し、研究助成については「社会福祉(ソーシャルワーク)に関する研究」も可)。
●助成の額/総額4500万円、事業助成…15万円以上100万円を限度。研究助成…200万円を限度。
●応募方法/申込書はハガキかFaxで下記へ請求するか、ホームページからダウンロード。
●問い合わせ先/(財)みずほ福祉助成財団事務局
100-8333 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル7階
Tel.03-3201-2442 Fax.03-5252-8660
E-mail BOL00683@nifty.com
ホームページ http://homepage3.nifty.com/mizuhofukushi
はじめに戻る

ユニベール財団市民活動助成
●受付締切/7月31日(金)必着
●助成の対象となる団体/1、高齢者が活動する市民活動団体。2、高齢者の医療・保健・福祉、まちづくり等、高齢者を対象とする市民活動を行う団体。
●対象事業の期間/1年間
●助成の額/原則として上限100万円。
●応募方法/財団所定の申請書を書留や宅配便で送付。申請書はホームページからダウンロードできます。
●問い合わせ先/財団法人ユニベール財団 160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階 Tel.03-3350-9002
Fax.03-3350-9008 ホームページ http://www.univers.or.jp/
はじめに戻る

RICOH グリーンプロモーション エコひいき2009
●受付締切/7月31日(金)消印有効
●助成の対象となる団体/愛知、岐阜、三重、富山、石川、福井、静岡内の非営利団体・グループ(法人格の有無は問いません)エコひいきのオモイに共感し、原則として、年間事業費が500万円以下の団体・グループ。
●助成の対象となる活動/以下の条件をすべて満たしている活動
1)地域の環境啓発・保全・改善につながる活動
2)社員・家族が参加しやすい活動場所
3)社員・家族が参加できる具体的な活動計画があること
4)助成終了後も活動の継続性や発展性が期待できる活動
5)2009年10月までに着手できる事業
●助成の額/1団体20万円+社員・家族などの活動への参加。最大7団体を助成。
●応募方法/応募用紙等をホームページからダウンロードし、E-mailまたは郵送で提出。
●問い合わせ先/環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)(担当:新海・鵜飼) 460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル4階 Tel.052-218-8605 Fax.052-218-8606 E-mail office@epo-chubu.jp
ホームページ http://www.epo-chubu.jp
はじめに戻る

(財)松翁会社会福祉助成金    
●受付締切/7月31日(金)消印有効
●助成の対象となる団体/【1.事業助成】原則として法人施設、団体。ただし、法人格をもたないものであっても、特に助成することにより効果が期待できる場合は対象とすることもあります。個人は除きます。
【2.研究助成】法人施設、団体または研究グループ
●助成の対象となる活動/社会福祉に関する民間の事業、研究。
●助成の額/年間総額1000万円程度。1件あたり原則80万円程度。
●応募方法/所定の申込用紙を下記ルートで申込む。なお、申込用紙の社会福祉協議会などのコメント欄は県または市町社会福祉協議会か、県および市町の福祉関係部署に記入を依頼してください。
1、県・指定都市社協(申込書配布)-申請団体-松翁会
2、松翁会(申込書配布)-申請団体-松翁会
●問い合わせ先/(財)松翁会事務局助成係 100-0004 東京都千代田区大手町1-5-4 大手町フィナンシャルセンター3階
Tel.03-3201-3225 
ホームページ http://shouohkai.or.jp/index.html
はじめに戻る

第7回MPドリーム助成金
●受付締切/8月20日(木)必着
●助成の対象となる団体/三重県内に活動拠点を置くボランティアグループ。ただし、総収入額に対する国、地方公共団体等の助成の割合が50%以上、または、総支出に対する人件費の割合が50%以上のグループは、対象外となります。
●助成の対象となる活動/(1)学習会・研修会の開催
(2)調査・研究の実施 (3)福祉教育・ボランティア啓発の実施
(4)ボランティアグループによる先駆的・モデル的活動
(5)器具・器財の購入 (6)その他
●対象事業の期間/平成22年1月1日〜6月30日
●助成の額/1グループ20万円以内。40グループ以内。
●応募方法/申請用紙はホームページからダウンロード。応募は郵送にて。
●問い合わせ先/三重県遊技業福祉連合会事務局(担当:山川・山添)
514-0006 津市広明町328 (株)津ビル内
Tel.059-221-1677 Fax.059-227-7332
ホームページ http://www3.ocn.ne.jp/~m-yuukyo/
はじめに戻る

はじめに戻る
2009年7月号のはじめに戻る