助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年6月号に掲載した助成金の情報です。 


津市市民活動推進事業交付金●受付締切/6月12日(金)必着
緑と水の森林基金●受付締切/6月15日(月)必着
緑の募金公募●受付締切/【一般公募事業】【特定公募事業】6月15日(月)
環境NGO・NPO地域ワークショップ企画募集●受付締切/6月22日(月)18:00
TOTO水環境基金●受付締切/6月25日(木)必着
丸紅基金社会福祉助成事業●受付締切/6月30日(火)消印有効
第12回環境ボランティアリーダー海外研修●受付締切/6月30日(火)消印有効

【各市町での助成ミニニュース】
津市市民活動推進事業交付金

●受付締切/6月12日(金)必着
●助成の対象となる活動/1.市民活動推進事業部門(団体が取り組む活動に対する支援)
2.市民活動団体設立等支援部門(団体設立、または、設立後間もない団体に対する支援)
●問い合わせ先/津市政策財務部政策課 Tel.059-229-3296 Fax.059-229-3330 E-mail 229-3101@city.tsu.lg.jp
市民部市民交流課 Tel.059-229-3252 Fax.059-227-8070
E-mail 229-3110@city.tsu.lg.jp
津市ホームページ http://www.info.city.tsu.mie.jp/
はじめに戻る

緑と水の森林基金
●受付締切/6月15日(月)必着
●助成の対象となる団体/民間の非営利団体、法人、個人(調査研究に限る) 。
●助成の対象となる活動/1普及啓発森林…森林・緑・水に対する国民の認識を深めるための普及啓発活動
2調査研究…地域材の利用・山村資源の有効活用や森林の公益的機能の増進に係る調査
3活動基盤の整備…森林づくり活動を通した農山村と都市住民等との交流促進
4国際交流…国内で開催される森林に関する国際会議への支援、海外情報の収集
●対象事業の期間/平成21年9月1日〜平成22年8月31日
●助成の額/限度は団体200万円(特別な事業は300万円)、個人100万円。
●応募方法/申請書等はホームページからダウンロードするか、返信用封筒に140円切手を貼付の上、下記まで請求。
●問い合わせ先/(社)国土緑化推進機構(担当:矢内公男、杉山隆志)
102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 Tel.03-3262-8457
Fax.03-3264-3974 ホームページ http://www.green.or.jp
はじめに戻る

緑の募金公募
【一般公募事業】

●受付締切/6月15日(月)
●助成の対象となる活動/(1)一般事業
国内緑化事業関係…国内で行う次のいずれかに該当する事業。
1.2以上の都道府県にわたる広域的な見地から行う森林の整備(植栽、下刈り、間伐等の作業)や緑化推進を目的とするイベント。
2.居住する都道府県以外で行う森林整備。
3.川上と川下が連携して行う森林整備。
4.その他、上記に準ずる森林整備及び緑化推進を目的とするイベント等。
国際緑化事業関係…海外で行う次のいずれかに該当する事業。
1.砂漠防止や熱帯林再生のための造林。
2.土砂流出防止・水源かん養・薪炭林造成等のための造林。
3.公園・学校の植樹等の緑化。
4.苗畑整備や育苗。
5.山火事防止等の森林パトロール、被害調査等の森林保全管理。
6.その他、上記事業に付帯するセミナーや給水施設整備等。
(2)特定事業
1.花粉の少ない森づくり。
2.災害に強い森づくり。
3.耕作放棄地の森づくり。
4.もったいないキッズ植林プロジェクト。
●対象事業の期間/平成21年9月1日〜平成22年8月31日
●助成の額/一事業につき限度300万円(特定事業は100万円)
【特定公募事業 「国民参加による間伐及び間伐材の利用促進事業」】
●受付締切/6月15日(月)
●助成の対象となる活動/森づくり活動を行う非営利団体が単独又は他の団体等と連携して行う「国民参加の森林づくり」に係る事業。
間伐等の推進、間伐材等の利用促進、間伐等及び間伐材等利用の普及啓発に係る活動で、全国的見地からモデル性があり、継続的自立的な活動を期待できる事業。
●応募方法/応募要項などはホームページからダウンロード。E-mail又は郵送希望者は返信用封筒(120円切手貼付)に宛先を記入し、下記まで請求。
●問い合わせ先/(社)国土緑化推進機構 102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館 Tel.03-3262-8451(代)フリーダイヤル 0120-110-381
Fax.03-3264-3974 E-mail bokin@green.or.jp
ホームページ http://www.green.or.jp
【一般公募事業の国際緑化事業関係のみ】
(財)国際緑化推進センター「緑の募金」国際緑化公募係
112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル3階
Tel.03-5689-3450(代) Fax.03-5689-3360
※このほか、【創造的公募事業】があります。締切は5月31日(日)。
はじめに戻る

環境NGO・NPO地域ワークショップ企画募集
●受付締切/6月22日(月)18:00
●助成の対象となる団体/社団法人、財団法人。これらに準ずる非営利法人。特定非営利活動法人。営利を目的としない民間団体で、環境保全活動に豊富な経験を有する団体。
●予算額/中部・北陸ブロック200万円以内。
●問い合わせ先/独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部地球環境基金課(担当:齋木)
212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー8階 
Tel.044-520-9505 Fax.044-520-2190
E-mail c-kikin@erca.go.jp
ホームページ http://www.erca.go.jp/jfge/index.html
はじめに戻る

TOTO 水環境基金
●受付締切/6月25日(木)必着
●助成の対象となる団体/営利を目的としない市民活動団体(法人格の有無や種類を問わない)。地域(日本国内)に根ざした活動をしている団体、または日本国内に本部を有する団体で、海外に支部(現地拠点)あるいは現地カウンターパート(現地NGOなど)を有し、現地スタッフが活動している団体。目的や内容が、特定の宗教や政治などに偏っていない団体。
●助成の対象となる活動/日本国内および海外(海外:日本国内に本部を置く団体)で行う、地域の水と暮らしの新しい文化の実現に向けた実践活動や、地域の水と暮らしの関係についての調査研究活動。
●助成の額/総額約1000万円。10件程度。
●応募方法/応募用紙等はホームページからダウンロードするか、郵便番号・住所、団体名、担当者名、電話番号を明記し、Faxで請求。応募は郵送または宅配便。
●問い合わせ先/TOTO株式会社 総務部 TOTO水環境基金係 (担当:川口・曾根崎)
802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1
Tel.093-951-2224 Fax.093-951-2718
はじめに戻る

丸紅基金社会福祉助成事業
●受付締切/6月30日(火)消印有効
●助成の対象となる団体/わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体。原則として非営利の法人。ただし、法人でない場合でも3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象となります。
●助成の額/総額1億円をめどに50件以上(概ね70件程度)。1件あたり原則、上限200万円。
※ただし、地域の福祉の向上のために極めて波及効果が大きいと考えられる事業案件については、上限300万円とすることもあります。
●応募方法/申込用紙等はホームページからダウンロードするか、郵便番号・住所・団体名・担当者名・Tel・Faxを明記し、ハガキまたはFax、E-mailにて下記まで請求。
●問い合わせ先/社会福祉法人丸紅基金
108-0014 東京都港区芝5-20-6丸紅東京本社三田別館4階
Tel.03-5446-2474・2475 Fax.03-5446-2476
E-mail mkikin@marubeni.com
ホームページ http://www.marubeni.co.jp/kikin/index.html
はじめに戻る

第12回環境ボランティアリーダー海外研修
●受付締切/6月30日(火)消印有効
●応募条件/現在、日本国内外で、環境ボランティア活動の実践においてリーダーシップを発揮している、または今後リーダーシップを発揮したいと思っている方。10月下旬の海外研修参加可能な方。研修帰国後、海外研修生の会である『環境ボランティアリーダー会』に入会し、地域の環境NPOへの情報提供や支援活動の連携が出来る方。募集は5人。
●研修プログラム/環境先進国であるドイツにおいて、ドイツ国内最大の環境団体や関係機関を訪問し、実際のプログラム参加を通し、環境NPOの活動例に学びながら、資金調達、人材育成に焦点を当て、研修。
●研修期間/10月20日(火)〜10月29日(木)までの10日間(予定)
●参加費/研修における渡航費、宿泊費及び10日間のプログラム参加費は、基金が負担。
●応募方法/課題作文、エントリーシートを提出。作文の課題はホームページ参照。
●問い合わせ先/セブン-イレブンみどりの基金海外研修事務局(担当:小野)
102-8455 東京都千代田区二番町8-8
Tel.03-6238-3872 Fax.03-3261-2513
E-mail kensyuu12@7midori.org
ホームページ http://www.7midori.org
はじめに戻る

はじめに戻る
2009年6月号のはじめに戻る