助成金ニュース 市民活動・ボランティアニュース2009年5月号に掲載した助成金の情報です。 


みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金●受付締切/5月11日(月)17:00必着
農商工等連携事業費補助金●受付締切/5月11日(月)17:00必着
共同募金配分申請●受付期間/5月1日(金)〜29日(金)(郵送の場合は31日の消印有効)
三重ボランティア基金助成事業●受付締切/【地域団体】6月10日(水)必着 【県域団体】6月17日(水)必着
伊勢市活性化活動事業補助金●受付締切/5月8日(金)
キリン・子ども「力」応援事業●受付締切/4月30日(木)消印有効
三井物産環境基金●受付締切/4月30日(木)消印有効
株式会社デンソー デンソーエコポイント地域還元事業「地球の環境活動への助成」●受付締切/5月7日(木)
2009年度「第8回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」●受付締切/5月17日(日)必着
花王・コミュニティミュージアム・プログラム2009●受付期間/5月14日(木)〜28日(木)消印有効
わかば基金●受付締切/5月22日(金)必着
(財)大同生命厚生事業団●受付締切/5月31日(日)必着

みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金
●受付締切/5月11日(月)17:00必着
●助成の対象となる団体/(1)創業者(2)新事業を行おうとするベンチャー企業、中小企業者(3)NPO、商工団体、大学等の中小企業以外で新事業を行おうとする者。
●助成の対象となる活動/地域の多様な主体によって、地域の特性を活かして実施される次に掲げるビジネスとします。
(1)地域資源活用型ビジネス…次の地域特有の資源を有効に活用した新商品づくりや新サービスの提供に取り組む事業。
ア、中小企業地域資源活用促進法に基づき、県が指定した特定地域資源。
イ、知名度は低いものの、地域の特徴的な農林水産品、加工技術や観光資源で、新たな価値を見いだし、今後の中小企業地域資源活用促進法に基づく指定の可能性のある地域資源。
(2)地域課題解決型ビジネス…地域の課題を解決するための事業を、新たに地域の特性を生かし、ビジネスの手法によって取り組む事業。
●対象事業の期間/1年以内。
●助成の額/助成対象経費の2/3以内。最低50万円〜上限200万円。
●応募方法/ホームページ(http://www.miesc.or.jp/cb-fund/)からダウンロードした計画書を郵送または持参で提出。
●問い合わせ先/財団法人三重県産業支援センター 産業支援部 地域産業創造課
514-0004 津市栄町1丁目891 三重県合同ビル5階
Tel.059-228-3585 Fax.059-228-3800 E-mail tisansou@miesc.or.jp
はじめに戻る

農商工等連携事業費補助金
●受付締切/5月11日(月)17:00必着
●助成の対象となる団体/県内に主たる事務所または事業所を有する中小企業者、創業者及びNPOと農林漁業者との連携体。
●助成の対象となる活動/中小企業者と農林漁業者のお互いの経営資源を生かし、連携関係を構築した新商品づくりや新サービスの提供、販路開拓等の農商工等連携事業。
●対象事業の期間/交付決定日〜平成22年2月20日
●助成の額/助成対象経費の2/3以内。最低50万円〜上限200万円。
●応募方法/ホームページ(http://www.miesc.or.jp/noushoukou)からダウンロードした計画書を郵送または持参で提出。
●問い合わせ先/みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金と同じ。
はじめに戻る

共同募金配分申請
●受付期間/5月1日(金)〜29日(金)(郵送の場合は31日の消印有効)
●助成の対象となる施設・団体/県内において社会福祉事業、更生保護事業その他の社会福祉を目的とする事業を行う民間施設または団体。
●申請対象事業及び配分上限額/工事50万円、備品30万円、その他事業30万円(小規模作業所は15万円、県域団体は50万円)
※ 申請は、上の3つの区分のうち、1つの区分について行うことができます。ただし、事業を実施するために必要な備品については、その他の事業の中に含めることができます。※ 配分額の上限は、総事業費の80%または上記に定める額のいずれか低い額とします。
●応募方法/申請者の住所地の三重県共同募金会各市町共同募金委員会(支会)(各市町社会福祉協議会内)
●問い合わせ先/社会福祉法人 三重県共同募金会 Tel.059-226-2605
E-mail miekyoubo@miewel.or.jp
ホームページ http://www.miewel.or.jp/bokin/index.html
はじめに戻る

三重ボランティア基金助成事業
●受付締切/【地域団体】6月10日(水)必着 
【県域団体】6月17日(水)必着
●助成の対象となる団体・活動/現在、県内各市町社会福祉協議会にボランティア団体として登録され、福祉の向上を目的とした活動が計画的・継続的に行われ、地域の高齢者や障害者・児童等に対する支援を行っている団体。
●助成の額/1団体30万円以内。
※従来、1回のみの助成としていたが助成金累計額30万円まで申請可能に。
●応募方法/申請書は、市町社会福祉協議会または事務局に設置。またはホームページからダウンロード。提出先は【地域団体】市町社会福祉協議会。
【県域団体】三重ボランティア基金事務局。
●問い合わせ先/財団法人 三重ボランティア基金
事務局 津市桜橋2丁目131番地 Tel.059-227-9994 
ホームページ http://www.miewel.or.jp/vkikin/index.html
はじめに戻る

【各市町での助成ミニニュース】
伊勢市活性化活動事業補助金

●受付締切/5月8日(金)郵送の場合は7日(木)必着
●問い合わせ先/伊勢市環境生活部市民交流課
Tel.0596-21-5549(直通) Fax.0596-21-5578
E-mail kouryu@city.ise.mie.jp
はじめに戻る

キリン・子ども「力」応援事業
●受付締切/4月30日(木)消印有効
●助成の対象となる団体/小学生・中学生・高校生、フリースクール・フリースペース・児童養護施設などの18歳未満のメンバー5人以上が中心となって活動する小学生・中学生・高校生のサークル、グループ、団体。
●助成の対象となる活動/子どもたち自らの力を引き出すことを目的に、子どもたちの発想から生まれ、地域で実施している、子どもたち主体の活動。
●対象事業の期間/平成21年7月〜平成22年3月
●助成の額/総額500万円。1団体あたり上限15万円。
●問い合わせ先/財団法人 キリン福祉財団
104-8288 東京都中央区新川2-10-1
Tel.03-5540-3522 Fax.03-5540-3525
ホームページ http://www.kirin.co.jp/foundation
はじめに戻る

三井物産環境基金
●受付締切/4月30日(木)消印有効
●助成の対象となる団体/日本国内に拠点を持つNPO法人、中間法人、公益法人、大学での活動実績が3年以上の団体。
●助成の対象となる活動/日本国内および海外における下記の地球環境問題の解決に関わる「実践的な活動」。営利目的の環境ビジネスは対象外。NPO法人、中間法人の場合は自己資金の比率が20%以上の案件。大学の場合は本業である研究・教育以外でNPO等との協働による社会貢献活動が対象。
1、地球気候変動問題 2、水産資源の保護・食料確保 3、表土の保全・森林の保護 4、エネルギー問題 5、水資源の保全 6、生物多様性および生態系の保全 7、持続可能な社会構築のための調査とネットワーキング
●対象事業の期間/平成21年10月より3年以内。但し、複数年にまたがる案件は1年毎に継続審査を行う。
●助成の額/総額最大3億円。500万円以内45件、500〜1000万円46件、1000〜2000万円29件、2000万円以上12件。
●応募方法/ホームページから要項等はダウンロード。提出は郵送。
●問い合わせ先/三井物産環境基金事務局
100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1 三井物産株式会社CSR推進部
Tel.03-5298-6616 E-mail office@mbk-kankyokikin.com
ホームページ www.mitsui.co.jp/csr/fund/
はじめに戻る

株式会社デンソー デンソーエコポイント制度(通称:DECOポン)地域還元事業「地域の環境活動への助成」
●受付締切/5月7日(木)消印有効
●助成の対象となる団体/愛知県・三重県内の小中学校及び、非営利団体・グループ(5人以上/法人格の有無は問いません)。
●助成の対象となる活動/以下の条件をすべて満たしていること。
(1)地域の環境改善や保全に役立つ実践活動
(2)子どもやその家族が積極的に楽しく参加できる活動
(3)デンソー社員やその家族、地域の住民が参加しやすい活動
(4)愛知県・三重県内で実施される活動
(5)2009年7月19日〜11月30日の期間中に実施される活動
●助成の額/1団体10万円、最大8団体
●応募方法/必要書類は下記のホームページからダウンロード。提出はE-mailまたは郵送。
●問い合わせ先/環境省中部環境パートナーシップオフィス(担当:新海、鵜飼)
460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル4階
Tel. 052-218-8605 Fax.052-218-8606
E-mail office@epo-chubu.jp ホームページ http://www.epo-chubu.jp
デンソーエコポイント制度に関するホームページ
http://www.denso.co.jp/ja/csr/social/social/decopon/
はじめに戻る

2009年度「第8回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」
●受付締切/5月17日(日)必着
●助成の対象となる団体/
【学校部門】
小学校・中学校または、小中学校より委託・協力・協働等によって当該事業を主催する団体。小学校、中学校において授業や課外活動の一環として行われる活動で、小中学生が10名以上参加する企画で、かつ学校長の承認を受けたもの。
【一般部門】
定款・規約等を整備し、組織としての形態を有し、当該活動を主催する団体。小中学生が10名以上参加する企画であること。
●助成の対象となる活動/自然の中での体験活動であれば、内容は問いませんが、ユニークさと創造性にあふれ、高い教育効果が得られるものとします。
※活動例 自然体験、地域交流、環境教育、史跡探訪、自然探検、アウトドアスポーツなど目的が明確であり、子どもたちの健全育成に寄与するもの。
●対象事業の期間/平成21年4月1日(水)〜10月25日(日)
●助成の額/各部門から計50団体を選考し、実施支援金各10万円を増呈。応募団体に参加賞チキンラーメン1ケースなど。事業実施後、提出された報告書等を審査し、表彰。文部科学大臣奨励賞と安藤百福賞は各1団体、100万円とチキンラーメン1年分贈呈。その他、賞あり。
●応募方法/必要書類はホームページからダウンロード。申請は郵送。
●問い合わせ先/財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団 「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」係(担当:大饗(おおあい)、野村) 563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25 Tel.072-752-4335 Fax.072-752-1288 E-mail zaidan@shizen-taiken.com
ホームページ http://www.shizen-taiken.com/contest2009/2009infof.html
はじめに戻る

花王・コミュニティミュージアム・プログラム2009
●受付期間/5月14日(木)〜28日(木)消印有効
●助成の対象となる団体/全国各地のミュージアムを拠点とした市民活動を行っている団体・グループ。
●助成の対象となる活動/・市民活動団体が中心になり、ミュージアムの協力を得ながら行う活動。
・市民や市民的専門家が、ミュージアムの関係者と団体を組織して行う活動。
・ミュージアムが、市民や市民的専門家、あるいは市民活動団体に呼びかけて行う活動。
・市民活動として運営されているミュージアム自体の活動。
●対象事業の期間/平成21年10月1日〜平成22年9月30日(1年間)
●助成の額/1件あたり上限50万円。総額1800万円。30件程度。
●応募方法/応募要項などはホームページからダウンロード。
●問い合わせ先/(特活)市民社会創造ファンド 「花王・コミュニティミュージアム・プログラム 2009」事務局(担当:神山)
100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル267-B 
Tel.03-3510-1221 Fax.03-3510-1222
ホームページ http://www.civilfund.org/fund25.html
はじめに戻る

わかば基金
●受付締切/5月22日(金)必着
【第1部門 支援金贈呈の部】
●助成の対象となる団体/地域で活発な福祉活動を進めているグループ。法人は助成対象外ですが、NPO法人は申請できます。
●助成の対象となる活動/・地域で暮らす高齢者や障害者の日常生活を支援したり、様々なサービスを提供。
・障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援。
・文化・芸術活動を通じて、障害や年齢をこえた交流や相互理解をはかっている。
・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。
●支援の内容/1グループにつき上限70万円。約10グループ支援予定。
【第2部門 リサイクルパソコンの部】
●助成の対象となる団体/パソコンを利用して、すでに地域で活発な福祉活動に取り組み、台数を増やすことで、より、高齢者や障害者に直接役立つ活動の充実を目指しているグループ。
●助成の対象となる活動/・地域で暮らす高齢者や障害者へパソコン指導のサービスを提供。
・障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援。
・字幕制作や朗読活動、要約筆記など文化活動を通じて、障害や年齢を超えた交流や相互理解を図っている。
・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。
●支援の内容/1グループ原則3台まで。ノートパソコン50台を準備。パソコンに搭載するソフトは、ウィンドウズXP、およびワードとエクセルとします。
●応募方法/申込書はホームページからダウンロード。申請は郵送のみ受付。
●申込・問い合わせ先/NHK厚生文化事業団東京本部 150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1 第七共同ビル Tel.03-3476-5955 Fax.03-3476-5956(対応は平日9:30〜18:00)
NHK厚生文化事業団中部支局 461-8725 名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送局内 Tel.&Fax.052-952-7150(対応は平日9:30〜18:00) ホームページ http://www.npwo.or.jp/wakaba/
はじめに戻る

(財)大同生命厚生事業団
●受付締切/5月31日(日)必着
●助成の対象となる活動/1、高齢者福祉に関するボランティア活動。
2、障害者福祉に関するボランティア活動。
3、子ども(高校生まで)の健全な心を養うための交流ボランティア活動で、内容が先駆性、継続性、発展性があり、効果が予測できるもの。
いずれも目的、計画などが明確な日本国内での無償の活動。
●助成の対象となる団体・個人/
【サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成】
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするサラリーマン(ウーマン)の個人もしくはそのグループ。
【シニアボランティア活動助成】
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとする年齢60歳以上の個人もしくはそのグループ。
●助成の額/両助成合わせて総額500万円以内。1件原則10万円。内容が優れている場合は、20万円限度で助成。
●応募方法/必要書類はホームページからダウンロード。申請は郵送のみ。E-mailでの申込書提出は不可。
●問い合わせ先/(財)大同生命厚生事業団事務局
550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-2-1
Tel.06-6447-7101 Fax.06-6447-7102
E-mail info@daido-life-welfare.or.jp
ホームページ http://www.daido-life-welfare.or.jp
はじめに戻る

はじめに戻る
2009年5月号のはじめに戻る